OnePlusの新型スマホ「OnePlus 8」シリーズには合計で3つのモデルが用意されており、それぞれ「OnePlus 8」「OnePlus 8 Pro」「OnePlus 8 Lite」(仮称)と呼ばれる可能性が高い。

既に3種類ともに詳細なデザインがリークされたレンダリング画像から明らかにされており、「OnePlus 8」シリーズはパンチホール型ディスプレイを採用することが明らかにされている。

「OnePlus 8」の詳細なデザインが判明 - 小型のパンチホール型カメラを採用へ
「OnePlus 8 Pro」の詳細なデザインが判明 - 小型パンチホールや背面クアッドカメラ等
→ OnePlusのミドルレンジモデル「OnePlus 8 Lite」の詳細なデザインが判明

先日「OnePlus 8」シリーズを発表するためのイベントが4月14日に開催される予定であることがリークされたが、現在このシリーズから用意される新規モデル「OnePlus 8 Lite」の詳細なスペックが明らかにされている。また、「OnePlus 8 Lite」の販売価格に関する情報も伝えられている。

「OnePlus 8」シリーズの発表イベントは4月14日に開催か

「OnePlus 8 Lite」のスペック情報

「OnePlus 8 Lite」はフラッグシップモデルでありながら「OnePlus 8」や「OnePlus 8 Pro」よりも優れた価格設定になることが期待されている。

今回伝えられた情報によると、「OnePlus 8 Lite」のスペックは以下のようになるようだ。

  • ディスプレイ:6.4インチ AMOLED 90Hz
  • チップセット:MediaTek Dimensity 1000
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128/256GB
  • バッテリー:4,000mAh [30T WarpCharge]
  • リアカメラ:48MP+16MP+12MP
  • フロントカメラ:?
  • OS:OxygenOS(Android 10)
  • 生体認証:ディスプレイ内指紋認証

当初「OnePlus 8 Lite」のレンダリング画像が伝えられたときには「OnePlus 8 Lite」のリアカメラはデュアルカメラ構成になることが推測されていたが、センサー類の詳細は不明とされていた。しかし、今回Ishan Agarwal氏が91mobilesに伝えた情報によれば「OnePlus 8 Lite」のリアカメラはトリプルカメラ構成になるようだ。センサー特性はメイン+望遠+超広角だと思われる。

また、ディスプレイは「OnePlus 8」と「OnePlus 8 Pro」が120Hzディスプレイの搭載がほぼ確実視されているのに対して価格に優れたモデルに位置づけられる「OnePlus 8 Lite」は昨年モデル同様90Hzディスプレイを搭載する可能性が高そうだ。

さて、多くの方が気にするのは恐らくチップセット。「MediaTek Dimensity 1000」ってどうなのか。実際の使用感についてはまだ搭載スマホが少ないためわからないと前置きしておくが、AnTuTu等のパフォーマンステストでは「Snapdragon 855+」を超えるものがちらほら確認されている。様々な不明点はあるものの、一般的なパフォーマンスはフラッグシップモデルと呼べるものになるはずだ。

「OnePlus 8 Lite」の価格は?

「OnePlus 8 Lite」の価格は市場によって異なることは大前提としてあるが、今回の情報によればイギリスでは約400ポンドで販売される可能性があるとのこと。「OnePlus 8 Lite」はグローバル市場で販売されるモデルになることも明らかにされているが、具体的な価格はどこで購入するかによって異なるが、単純な通貨換算であれば約510ドル(約52,000円)程になるはずだ。

 

今回91mobilesに情報を伝えたIshan Agarwal氏はこれまでも多くのリークを行っており、その信頼度も高い。そのため、今回の情報が正確である可能性は高いもののあくまでも非公式情報であるため、参考程度にとどめておくことをおすすめしたい。「OnePlus 8/8 Pro」等の情報も明らかになり次第すぐにお伝えしたいと思う。

 

[source 91mobiles]

 

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする