OnePlusの新型スマホ「OnePlus 7T」及び「OnePlus 7T Pro」が先日発表された。その直後2020年前半の発表が期待されているOnePlusの次期スマホ「OnePlus 8」の詳細なデザインがOnLeaksによって公開された。

「OnePlus 8」のデザインは一見「OnePlus 7T Pro」と似ているものの、フロントカメラが現行モデルはポップアップ式カメラを採用していたのに対して、「OnePlus 8」はパンチホール型を採用していることが確認できる。場所は左上でサイズも非常に小さい。詳細は以下の記事を参考にしてもらいたい。

さて、現在OnLeaksと91mobilesによって「OnePlus 8」シリーズの上位モデル「OnePlus 8 Pro」のデザインを明らかにするレンダリング画像が公開されている。

「OnePlus 8 Pro」の詳細なデザイン画像が公開

上記がOnLeaksによって公開された「OnePlus 8 Pro」のレンダリング画像。前回公開された「OnePlus 8」のデザインと非常に似ていることが確認できる。

湾曲ディスプレイで、左上に小さなほくろのようなパンチホール型のカメラ。ディスプレイ部分だけを見ると「OnePlus 8」との違いは殆ど確認できない。

とは言え、筐体サイズは「OnePlus 8 Pro」の方が大きく、約6.67インチのディスプレイを搭載している。それに対して「OnePlus 8」は約6.65インチ。そしてどちらのモデルも90Hzリフレッシュレートに対応する。

筐体サイズは以下の通り。

  • OnePlus 8:約160.2 x 72.9 x 8.1mm(カメラの厚みを含めると9.3mm)
  • OnePlus 8 Pro:約165.3 × 74.4 × 8.8mm(カメラの厚みを含めると10.8mm)

背面部分を見てみると「OnePlus 8」と「OnePlus 8 Pro」の違いが見えてくる。「OnePlus 8」はトリプルカメラで垂直に中央配置。

それに対して「OnePlus 8 Pro」はトリプルカメラで垂直に中央配置という点は変わらないものの、左側にToFセンサーが搭載されたクアッドカメラ構成になっていることが確認できる。

その他USB-Cポートが下部中央、左右に新デザインのスピーカーグリルが確認できる。

と、上記が「OnePlus 8 Pro」の特徴だが、デザインやカメラ部分に目に見えた大きな変更は行われていないようだ。勿論、ソフトウェアやハードウェアスペック等々、まだまだわからない部分が多い。

また、「OnePlus 8」シリーズは5G通信に対応する可能性が高いことが以前のインタビューなどから明らかにされている。

更にOnePlusスマホとして初めてのワイヤレス充電に対応する事も期待されている。

5G通信やワイヤレス充電が両モデルに用意されているかは今後の情報を待ち判断したいところ。「OnePlus 8 Pro」の方がスマホの厚みがあることから差別化の観点から上位モデルのみになる可能性もあるのではないかと思われる。

何れにしてもOnePlusの新型スマホ「OnePlus 8」シリーズは発表までまだ半年近く残されているため、特徴については今後の情報を待ち、新しい情報が分かり次第直ぐにお伝えしたいと思う。

 

[source 91mobiles]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする