OnePlusがディスプレイにノッチ(切り欠き)とガラスバックを備えた新しいフラッグシップモデル「OnePlus 6」を5月に発表した。

OnePlus 5Tがアメリカで売り切れになり入手不可能になる等OnePlusに関する注目は益々高まっていた。

そしてOnePlus 6に関するリークがチラホラと出てきた時、OnePlusファンの一部はOnePlus 6を支持していなかった。

その理由は主にiPhone Xからインスピレーションを得て、搭載されることが確定していたノッチ(切り欠き)だ。

支持していなかったユーザーたちは、OnePlus 6は絶対に買わない!と主張していたが、これらの主張が明らかに少数派であることがOnePlus 6の売上から明らかになった。

OnePlusによると、OnePlus 6がリリースされて僅か22日で100万台の販売に成功していると発表した。

この爆発的なスピードはこれまでのOnePlusのスマホよりも明らかに早い。

OnePlus 6が出ている今となっては旧モデルの括りになってしまう、OnePlus 5と5Tはおよそ3ヶ月で100万台の販売に成功している。

つまりOnePlus 6はOnePlus5/5Tと比べて、約3倍のスピードで販売しているということだ。

OnePlus 6がリリース開始して、しばらくした後シルクホワイトと呼ばれるカラーリングモデルがリリースされた。

このOnePlus 6のシルクホワイトはたった1日で売り切れるほど人気だった。

OnePlusは国ごとの販売台数については明らかにしていないが、北米では昨年の売上高が139%増加したことを明らかにした。

昨年はOnePlus 5と5T(3ヶ月で100万台)がリリースされていた。

それはつまり2018年度の売上高も同程度、若しくはそれ以上の成長が見込めるということだ。

フラッグシップモデルでありながら、素晴らしいコストパフォーマンスを誇るOnePlus 6について良く知らない人は以下の記事を見ていただきたい。

コスパ最強【OnePlus 6】とAppleの【iPhone X】でスピードテストを行った結果!【比較】

2018.05.22

OnePlusの最新フラッグシップモデル「OnePlus 6」が満を持して発表!+スペックや機能まとめ

2018.05.18

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする