Samsungの新型タブレット「Galaxy Tab S6」は8月7日に開催される「Galaxy UNPACKED」イベントで発表される見通し。

既に公式プレス画像や基本的な特徴が明らかにされており、「Galaxy Tab S6」専用の公式キーボードカバーにはトラックパッドが用意されていることなども判明している。

「Galaxy Tab S6」は上述の通り既にデザインが判明しており、それらの情報から「Galaxy Tab S5e」と非常に似たデザインになることが分かっており、コンパクトながらハイパフォーマンスなタブレットになることが期待されている。

現在、「Galaxy Tab S6」の重さやバッテリー容量に関する情報が伝えられている。バッテリー容量については以前にも伝えられている。

「Galaxy Tab S6」は驚異の420g - S5eより僅か20gだけ重たい

さて、Ishan Agarwal氏がMySmartPrice上で明らかにした情報によると、「GalaxyTab S6」の重量は420gになるという。

「Galaxy Tab S6」は既にFCCやBluetooth SIG認証を受けており、モデル番号が「SM-T860」(SM-T865)になることが明らかになっている。

10.5インチのAMOLEDディスプレイが搭載される「GalaxyTab S6」のディスプレイ解像度は2Kになるという。これまでのリーク情報によれば1080pになると言われていたため、今回の情報はこれまでと異なる。

また、現在SamsungがIMDA認証を通過していることも伝えられており、その情報によると「GalaxyTab S6」には7,040mAhのバッテリーが搭載されるという。

以前の情報によると「GalaxyTab S6」には6,840mAhのバッテリーが搭載されるという情報若干異なるが、どちらの情報を見ても「GalaxyTab S6」は薄型タブレットになることから現行「GalaxyTab S4」の7,300mAhよりも小さな容量になりそうだ。

「GalaxyTab S6」に搭載されるバッテリー容量が6,840mAhと7,040mAhのどっち?という話だが、これについてはどちらも公表値としては違うのではないかというのが僕の見立て。Samsungのデバイスは基本的にバッテリー容量が○○50mAhのような表記にはならず、4,100mAhや7,300mAhのように下2桁はスッキリさせる傾向にある。(Appleは細かく表記する)

そのため、「GalaxyTab S6」でも同様に下2桁をスッキリさせた数値で公表するのではないかと思われる。情報を見る限り7,000mAhや6,900mAhのような形で。

これはあくまでも予測。実際に発表される「Galaxy Tab S6」の情報とは異なる可能性があるため、あくまでも参考程度に留めることををオススメする。

発表までもう間もなく。楽しみにしたい。

 

[source MySmartPrice]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする