Samsungが2019年夏に発表することが期待されている新型スマホ「Galaxy Note10」のCADデータに基づく詳細なレンダリング画像が公開されている。

今回の情報は多くの正確なデザイン情報を伝えてきたOnLeaksからのもので、信頼性は非常に高く、これまでに出ていた情報を基に作成されたレンダリング画像とも殆ど一致しているため、今回のCADデータに基づく詳細なレンダリング画像の公開によって改めて「Galaxy Note10」のデザインが確認された形。上位モデル「Galaxy Note10 Pro」の詳細なレンダリング画像についてはまだ明らかにされていない。

これまでの情報から「Galaxy Note10」は現行「Galaxy S10」や「Galaxy Note9」と比較してもデザインが大幅に変更になることが期待されている。「Galaxy S10」シリーズではパンチホール型ディスプレイを搭載し、ディスプレイ右上にカメラを配置していたが、カメラの穴が大きく醜いと評するユーザーも一定数いた。

Samsungはこのカメラの穴を小さくすることを可能としているため、「Galaxy Note10」ではこのフロントカメラの穴の大きさを小さくすることが期待されており、また、「Galaxy S10」では右上に配置されていたものを左右対称の中央配置にすると予測されていた。

「Galaxy Note10」の詳細なレンダリング画像

今回OnLeaksと91mobilesのコラボによって公開された「Galaxy Note10」のCADデータに基づく詳細なレンダリング画像からはいくつか分かる点がある。

まず、以前Ben Geskin氏が公開していたものと同じように「Galaxy Note10」のフロントカメラは従来よりも小さく、そして中央配置になること。

次に、背面のカメラは「Galaxy Note10」はトリプルカメラ構成になっており、左上に垂直配置になっていることが確認できる。以前リークされた「Galaxy Note10」のカメラモジュールに関する画像は4つのカメラが確認できたため、この情報は上位モデル「Galaxy Note10 Pro」のものなのかもしれない。

次に確認できることがSamsungにとって大きな変更点の1つ。これまでSamsung製スマホはスマホ右側面に「電源ボタン」を配置していたが、「Galaxy Note10」ではこれを確認することができない。

スマホ左側面はこれまで「音量ボタン」と「Bixbyボタン」の2種類が配置されていたが、91mobilesによると「Galaxy Note10」は「Bixbyボタン」を廃止しており、「電源ボタン」が「音量ボタン」の下に配置される可能性があると伝えている。

そのため、「Galaxy Note10」の右側面には上記レンダリング画像からも確認できるように何もボタン類が存在しない可能性がある。

「Galaxy Note10」は物理ボタンを廃止する可能性があると以前伝えられたことが少し引っかかるが、これについてはその後Ice Universeによって否定されたため、物理ボタンは引き続き採用するのかなと言った印象。

さて、次も大きな変更点。「Galaxy Note10」の下部を見てみると分かるように、ついに3.5mmイヤホンジャックを廃止していることが確認できる。これについては以前から伝えられていたとおり、「Galaxy Note10」以降のスマホでは恐らく3.5mmイヤホンジャックはサポートされない可能性が高いだろう。

今回の情報によると「Galaxy Note10」の寸法は151x72x7.9mm(カメラの厚み部分を含めると8.3mm)になるようで、「Galaxy S10」同様薄いスマホになりそうだ。

と、OnLeaksが公開した情報から確認できることは上記数点。「Galaxy Note」シリーズは「Galaxy S」シリーズと比較して変化が少ないモデルになりがちだが「Galaxy Note10」ではデザインについても積極的に改善を図ろうという動きが確認できる。

OnLeaksからの情報は信頼性が非常に高く、恐らく「Galaxy Note10」のデザインは上記のようなイメージなる可能性は高い。とは言え、「電源ボタン」周りについては本当に左側配置になるかな?という疑問もあるため、詳細は今後の情報を待ち判断したいところ。

また、あくまでもリークによる情報であり、上記データはSamsung公式が公開した情報ではないため、いつものように参考程度に留めておくことをオススメする。

新しい情報が入り次第直ぐにお伝えしたいと思う。

 

[source 91mobiles]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする