昨今スマホのカメラ品質を可能な限り向上させるために多くの工夫が用いられているが、どのメーカーも共通しているのはカメラの個数を増やしているということ。役割を各レンズに分散させ、組み合わせることで品質の高い写真を撮影することが可能になっている。

Samsungが先日より日本でも発売している「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」にも背面のカメラは3つ搭載されており、また、5G通信に対応する特別モデル「Galaxy S10 5G」は背面に4つのカメラを搭載している。

そのため、今後発売されるSamsungスマホはカメラ3つがスタンダード、上位モデルには4つ搭載という流れになるだろうと考えられており、2019年夏に発表される新型スマホ「Galaxy Note10」も背面のカメラは4つになることが期待されている。既に「Galaxy Note10」のカメラが4つになるというのは複数の情報元が伝えている。

また、先日「Galaxy Note10」がカメラの配置を「Galaxy S10」の水平配置ではなく、「Galaxy S9」等のような垂直配置へと回帰するという情報が伝えられた。従来よりも大きなバッテリー容量を搭載することから内部スペースの効率化が必要であるため、中央に垂直配置という可能性は現実的ではない。そのため、「Galaxy Note10」は背面左上にカメラが垂直に配置されるだろうと伝えられている。

現在、Samsung関連で多くの情報を伝えているIce Universeが中国Weibo上で発見したとされる「Galaxy Note10」のカメラモジュールがリークされている。今回リークされたカメラモジュールが正しいものと仮定した場合のカメラ配置画像も公開されている。

「Galaxy Note10」のカメラモジュールがリーク -4つのカメラ搭載へ

上記が今回Weibo上で発見されたとされる「Galaxy Note10」に搭載されるカメラモジュール。垂直に3つのカメラが配置されており、その右側に1つ小さなカメラが配置されていることが確認できる。恐らく右側に1つあるカメラはToFカメラになるのではないかと推測することができる。

また、このカメラモジュールを実際にスマホ背面に配置するとすれば以下のようなイメージになるようだ。

この画像既視感がある。Apple「iPhone XS」やHuaweiの「P30 Pro」のようなカメラ配置を思い出させる。

今回リークされた「Galaxy Note10」のものとされるカメラモジュールだが、あくまでもリーク情報で今後の開発や量産体制の問題から変更になる可能性もあるだろう。そのため、いつものように参考程度にとどめておくことをおすすめする。

Huaweiが多くの市場で思うように販売することができなくなったこともあり、Samsungが今後発売するスマホには更に注目が集まるはずだ。

今後の情報に注目したい。

 

[source IceUniverse] 
[via wccftech]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする