Samsungが2019年夏に発表することが期待されている新型スマホ「Galaxy Note10」に関する情報が少しずつ明らかにされ始めている。

これまでに分かっていることとして「Galaxy Note10」は1モデル展開ではなく「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10 Pro」のような2モデル展開になること。そして各モデルには4G/LTEモデルと5Gモデルが存在するため合計で4つ発売されるということ。また、既に「Galaxy Note10」シリーズのモデル番号やディスプレイサイズについて明らかにされている。

既に発売されている「Galaxy S10」シリーズはパンチホール型の「Infinity-O」ディスプレイを採用しているが、このディスプレイにカメラ用の穴が空いているというデザインは賛否が多い。ノッチよりは良いという意見もあれば、嫌いだという意見も多い。そのため、「Galaxy Note10」シリーズがどのようなカメラデザインを採用するかには注目が集まっているが、Ice Universeからの最新の情報で「Galaxy Note10」シリーズのフロントカメラ・リアカメラのデザインに関するいくつかの特徴が明らかにされている。

「Galaxy Note10」シリーズはフロントカメラ中央配置 - リアカメラは垂直配置に回帰する噂

Ice Universeからの情報によると、「Galaxy Note10」シリーズのフロントカメラは中央配置になるという。また、以前のツイートで「Galaxy Note10」の穴は1つでより小さくなると伝えているため、フロントカメラは中央配置で「Galaxy S10」のものよりも小さくなることが期待できる。

また、「Galaxy Note10」の背面カメラのデザインが変更されると伝えていることや、以前ユーザーからの「垂直配置になるかどうか」という質問に対して肯定的な回答を示している。そのため、「Galaxy S10」のような水平配置ではなく、「Galaxy S9」のような垂直配置へと戻る可能性が示唆されている。

とは言え、「Galaxy S10」がカメラを水平配置へとデザイン変更を行った理由はデバイス内部のスペースをより効率的に使用するためである。その事から「Galaxy Note10」で態々効率的ではない?中央垂直配置になるかと言われると微妙なところ。

現時点で「Galaxy Note10」シリーズのデザインに関して有力な情報が明らかにされていないが、Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は垂直配置のカメラを左上に配置するという形を採用している。そのため、同じような形が「Galaxy Note10」で採用される可能性もあるのではないかと考えている。

しかしこのデザインはIce Universeが伝える「Galaxy Note10」はシンメトリカルである、という情報と矛盾してしまうことを意味する。まだまだ具体的なデザインは不明だが、少なくとも「Galaxy S10」シリーズや「Galaxy Note9」とは大きくデザイン変更を加えてきそうだ。

また、スペックについてだがIce Universeが言及していることやSamsungが2019年よりUFS3.0ストレージを量産予定であることからほぼ間違いなく「Galaxy Note10」はUFS3.0ストレージを搭載してくると思われる。

今後の情報に注目したい。

 

[source IceUniverse] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする