source:Ben Geskin - Twitter

Samsungが2019年夏に発表すると思われる新型スマホ「Galaxy Note10」に関する情報がすでに何度か明らかにされている。

これまでの情報から「Galaxy Note10」は標準モデルと上位モデルの2つのモデルが存在し、これらそれぞれに5G対応モデルが存在すると言われているため、合計で4モデル発売されると言われている。

また、デザインについても「Galaxy S10」や「Galaxy Note9」とは大きく異なると言われている。「Galaxy Note10」も「Galaxy Note10 Pro」も「Galaxy S10」の「Infinity-O」ディスプレイを搭載する可能性が高いことは明らかだが、カメラの配置は変更になるという。

Ice Universeは度々「Galaxy Note10」は左右対称になると伝えており、フロントカメラも左右対称の中央配置になるという。サイズについても「Galaxy S10」より小さくなることをほぼ確信しているようだ。

と、これまでにいくつかの特徴が明らかにされている「Galaxy Note10」だが、現在これまでの情報を基にBen Geskin氏が「Galaxy Note10」のレンダリング画像を公開している。またこの画像に対してIce Universeが正しいと伝えていることから、基本的に今回の画像が「Galaxy Note10」のデザインになると考えてよいのではないだろうか。

「Galaxy Note10」のレンダリング画像 - ほぼ確定

Ben Geskin氏が公開した「Galaxy Note10」の最新レンダリング画像がこちら。「Infinity-O」ディスプレイを採用しており、カメラは中央配置で「Galaxy S10」のものよりも小型。リアカメラの配置についても先日の「Galaxy Note10のカメラは垂直配置へ」という情報通り、左上に垂直配置されていることが確認できる。

また、Ben Geskin氏は上位モデルの「Galaxy Note10 Pro」のレンダリング画像についても公開している。

この画像はフロントカメラがデュアルカメラになっていることが確認できているが、この画像。Ice Universeが間違いであると指摘している。同氏によると、「Galaxy Note10」も「Galaxy Note10 Pro」もフロントカメラは1つで中央配置になるとのこと。

勿論、これまでの情報をベースにしたレンダリング画像であるため、今後OnLeaksが公開するであろうCADデータを基にしたレンダリング画像や公式画像とは若干異なる可能性がある。とは言え、多くの実績を持つIce Universeが概ね正しいと述べていることから基本的に上記画像のイメージで良いのではないだろうか。

今後の情報に注目したい。

 

[source BenGeskin/Twitter] 
[via GSMArena]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする