龍が如くシリーズは現在2作品PCでも発売されている。主人公「桐生一馬」と狂犬「真島吾朗」がどういう物語を経て現在の人間へと育っていったのかを描く「龍が如く0」が最初にPC版で発売され、その後初作「龍が如く1」のリメイク作品「龍が如く 極」が発売されている。

SEGAは以前に「龍が如く6」が海外でも日本と同じぐらい売れていることを伝え、ローカライズに力を入れていることを明らかにしている。

これまでのSEGAや龍が如くスタジオのインタビューでの発言等からこれまでに発売してきた作品についてもPC版として発売する計画があることは多くのファンが察していた。実際に「龍が如く 極2」が既にMSRPレーティングを受けているという事実もある。

そのため、当サイトでも割と近い内に発売する可能性があると伝えたが、現在SEGAのSteamアカウントがロゴを変更していることが判明している。ロゴが「真島吾朗」の眼帯へと変更されていることから、これが「龍が如く 極2」のPC版投入をアナウンスするというティザーなのではないかと海外で話題になっている。

「龍が如く 極2」の発売アナウンスが近日中に行われる可能性

Steamアカウントのロゴが変わったから、もう間もなく発売。都合良く考えすぎじゃないか?と正直僕も思ったが、SEGAは以前にも同じ形で新作発表を匂わせる手法をとっている。

そのため、今回ロゴが「真島吾朗」の眼帯へと変更された事で「龍が如く 極2」をPC版で発売する事を近日中にアナウンスするのではないかと話題になっているのだ。

実際問題、「龍が如く 0」が発売され「龍が如く 極2」が発売されており、「龍が如く 極2」が発売準備を進めていることがMSRPレーティングを受けている。これらを鑑みると、最終的にPC版「龍が如く 極2」(Yakuza Kiwami 2)が発売されるというのはほぼ間違いない。

問題はいつ発表・発売なのか。今回のティザーからはそこまでわからないが、もう間もなくと見て良いのではないだろうか。

 

[source SEGA/Steam] 
[via PCGamer]

Wonder-Xの最新情報をチェックする