Samsungは来月20日に新製品を発表する「Galaxy UNPACKED 2019」を開催することを明らかにしており、これまでの情報からこのイベントでは「Galaxy S10」シリーズが発表される可能性が確定的だ。「Galaxy S10」シリーズには6.1インチの「Galaxy S10」、6.4インチの「Galaxy S10+」、そして新たにコストパフォーマンスに優れた「Galaxy S10 Lite」(or E)が発売される予定だ。もう1モデル、5G通信に対応する「Galaxy S10 X」と呼ばれるモデルも存在し、このモデルは6.7インチのディスプレイや5000mAhのバッテリーが特徴になると言われている。これらのモデルは全て「Infinity-O」ディスプレイを採用する可能性が高く、6.4インチの「Galaxy S10+」と6.7インチの「Galaxy S10 X」がフロントカメラが2つ搭載されると言われており、その他のモデルはフロントカメラが右上に1つ配置されると言われている。

5Gに対応する「Galaxy S10 X」に関する情報は発表1ヶ月前になってもかなり少ないが、現在「Galaxy S10」の通常ラインナップの新しいケースレンダリングが公開されている。このレンダリング画像はこれまでに伝えられてきた一部情報と異なる可能性があることを示唆している。

標準モデルの「Galaxy S10」はリアに3つのカメラを搭載か?

今回明らかにされた「Galaxy S10」シリーズ3モデルのレンダリング画像はこれまでに見てきたものと殆ど変わっておらず、「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy S10」のフロントカメラは右上に1つ配置されていることが確認できる。また、「Galaxy S10+」にはフロントカメラが2つ確認できる。また、このモデルにはディスプレイない指紋認証がサポートされず、電源ボタンと統合された指紋認証センサーがサポートされると言われており、「Galaxy S10 Lite」のみ電源ボタンが大きくなっていることが確認できる。

標準モデルの「Galaxy S10」に搭載されるリアカメラは、デュアル説とトリプル説があり、以前明らかにされたレンダリング画像ではデュアルカメラになる可能性が高い事が明らかにされた。しかし、今回明らかにされた情報によると標準モデルの「Galaxy S10」にも「Galaxy S10+」と同様リアカメラが3つ搭載されていることが確認できる。

前回「Galaxy S10」のリアはデュアルカメラになるというレンダリング画像を公開したIce Universeが現在はトリプルカメラになると訂正していることから、標準モデルの「Galaxy S10」もトリプルカメラになる可能性が高いと見て良いかもしれない。

発表が近づくに連れて多くの情報が明らかになるが、どうしても錯綜してしまうことが多い。そのため「Galaxy S10」に搭載されるリアカメラの数は今後明らかになるレンダリング画像等を参考にして判断したい。とは言え、Samsungは来月20日に公式発表することから、どちらにせよ後1ヶ月で全てが分かるはずだ。

[source eveleaks/Twitter] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする