「Galaxy S10」はリアカメラがデュアルカメラでディスプレイ内指紋認証を搭載へ

source:91mobiles

Samsungは2019年2月に開催されるMWC2019で新しいスマホ「Galaxy S10」シリーズを発表することが期待されており、これまでの情報から「Galaxy S10」シリーズには合計で4つのモデルが存在すると言われている。

4つ目の「Galaxy S10」は開発コードが「Beyond X」と名付けられており、5G通信をサポートすることなどから日本に入ってくるモデルになるのかどうかは現時点で不明。

「Beyond 0」と名付けられた「Galaxy S10」はエントリーモデルに位置づけられると言われており、これまでのところ「Galaxy S10 Lite」と呼ばれている。

これは他の「Galaxy S10」よりもややスペックや低くし、また機能の一部を削ぎ落とすことでコスト面に注力したモデルとなることが期待されている。このモデルに関しても日本での取り扱いは現時点で不明。

現在日本で取扱が行われているSamsungのSシリーズは「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」があるが、「Galaxy S10」も少なくとも2モデルは日本でも取り扱われると思われる。

標準モデルの「Galaxy S10」は「Beyond 1」と名付けられ、ハイエンドモデルの「Galaxy S10+」は「Beyond 2」と名付けられているようだ。

「Galaxy S10+」は既にCADデータに基づく詳細なレンダリング画像が明らかにされているが、現時点で「Galaxy S10」(Beyond 1)については明らかになっていない。

Samsungは既に「Galaxy S10」シリーズ全てのカメラなどの特徴を決定していると伝えられており、先日明らかになった情報によると「Galaxy S10」はフロントリア共にデュアルカメラになることが期待されている。

そんな中、現在「Galaxy S10」のレンダリング画像がIce Universeによって明らかにされている。

「Galaxy S10」にディスプレイ内指紋認証の搭載とリアカメラは2つになることがほぼ確定

現在Ice Universeによって「Galaxy S10」のレンダリング画像が明らかにされており、「Galaxy S10」がこれまでの情報通り、リアカメラがデュアルカメラになることが明らかにされている。

この画像によると「Galaxy S10」は「Galaxy Note9」と同じように水平型にカメラを2つ配置していることが分かる。

「Galaxy Note9」にはこのカメラの下に指紋認証センサーが搭載されていたが、「Galaxy S10」のレンダリング画像では確認できない。

これは、「Galaxy S10」がディスプレイ内指紋認証センサーを搭載している可能性が極めて高いことを意味する。

これまでの情報から「Galaxy S10」以上のモデル(S10 Liteは不明)にはディスプレイ内指紋認証センサーが搭載され、センサーにはクアルコムの超音波によるセンサーが使用されると言われてきた。

これらのレンダリング画像ではディスプレイ内指紋認証センサーを搭載している可能性が高いことは示しているが、使用するセンサーが超音波によるものなのか光学式のものなのかについては不明。

この画像はこれまでに聞いてきた情報通りに作られているため、比較的信頼性は高いと考えて良いのではないだろうか。

Samsungは2月にこれらのモデルを発表する可能性が高いことから、最近多くのレンダリング画像が明らかになっている。

そのため、今後多くの情報が明らかになると思われるため、「Galaxy S10」のレンダリング画像も近い内に新しいものが出てくるはずだ。

その時の画像と今回の画像が似ている若しくは同じものであれば、「Galaxy S10」のデザインはこれとほぼ同じになるはずだ。

今後の情報に期待したい。

[via SamMobile]