SamsungのGalaxy Note 9がいくつかの国のSamsungのサポートページに登録された。確認できるのはアフリカ南アフリカ共和国、それにモロッコ等のSamsungの企業ページだ。

最近GeekBenchにGalaxy Note 9のベンチスコアが掲載された時と同じSM-N960Uというモデル番号が登録されている。

GeekBenchではSnapdragon 845を使っていると載っていたが、それはSM-N960Uの”U”が表している。

SamsungのGalaxyシリーズにはSnapdragonを使うモデルとSamsungのExynosを使うモデルが存在し、Snapdragonを使うモデルにはモデル番号の最後に”U”が付けられる。

一方Exynosを使うモデルには”U”は使われず、”F”や”F/DS”が使われることは今までのリリースしてきたモデルからも明らかになっている。

Galaxy Note 9のサポートページが登録されたが、スペックや特徴的な機能については記載されていない。

Geekbenchに掲載されたスコアやスペック情報からGalaxy Note 9はリリース時点でAndroid 8.1 Oreoを搭載していることや、チップセットにはSnapdragon 845を使用していることは明らかになっている。

RAMやストレージが気になれば以前Geekbenchに掲載された情報を元にまとめた記事を書いているのでそちらを参考にしていただきたい。

【Samsung】Galaxy Note 9と思われるスマホがGeekBenchに登場した【SM-N960U】

2018.03.29

またGalaxy Note 9は新しいiPhoneがリリースされる9月よりも前の8月にリリースされると言われているが、8月よりも前になるかもしれないとの噂が出てきている。

【Galaxy Note 9】S9の伸び悩みをカバーするために予定よりも早くリリースするかもしれないという話

2018.03.30

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする