Samsungが2020年2月11日に開催する新製品発表イベント「Galaxy UNPACKED」。

このイベントでは新型スマホ「Galaxy S20」シリーズや折りたたみスマホ「Galaxy Fold2」(仮称)などの発表が期待されている他、ワイヤレスイヤホンの新型「Galaxy Buds+」の発表も期待されている。

既にレンダリング画像も明らかにされている「Galaxy Buds+」だが、これまでの情報から「AirPods Pro」の対抗馬としてノイズキャンセリング機能が搭載されることが期待されていたが、最新の情報によるとそうではない可能性が出てきている。

「Galaxy Buds+」のデザインが公開される - 初代「Galaxy Buds」と共通デザインか

「Galaxy Buds+」は基本性能のアップがメインか

Ice Universeが伝えた最新の情報によると、「Galaxy Buds+」にはノイズキャンセリング機能が搭載されていないとのこと。しかし、バッテリーの持続時間や音質、そして充電速度などは改善されると伝えた。

これまで「Galaxy Buds+」はノイズキャンセリング機能を搭載すると伝えられていたが、これは同時に価格の上昇も意味していた。しかし、今回の情報のように非搭載であれば、少なくとも価格はほぼ据え置き(若しくはややUP?)になるのではないかと思われる。

一定の価格以上になるのであれば、有名な音響メーカーのイヤホンを買うよ、というユーザーも居ると思われるため、敢えて搭載せずに価格優位性を保つというのはありかもしれない。

勿論、これらの情報はすべて非公式でありあくまでもリーク。そのため、Samsungが実際に発表するイヤホンの製品特徴とは異なる可能性もあるだろう。

Samsungは2月11日に「Galaxy UNPACKED」を発表するため、今後より多くの情報が明らかになるはずだ。

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする