Xiaomiがもう間もなく発表する予定の新型スマホ「Mi CC9 Pro」。このスマホは108MPセンサーを含む合計5つのカメラが背面に搭載されており、これまで以上にカメラ性能が大きな期待となっているミドルレンジスマホだ。

ミドルレンジかフラッグシップモデルかは正直確定されたものではないが、先日発見された「Mi CC9 Pro」と思われるデバイスのGeekbenchスコアから「Snapdragon730G」を搭載している可能性が高いと思われる。

「Mi CC9 Pro」は11月5日に、グローバル版「Mi Note10」が11月14日に発表されることが明らかにされたばかりだが、現在「Mi CC9 Pro」に搭載されるバッテリー容量と急速充電のスピードが明らかにされている。

「Mi CC9 Pro」は5,000mAh超えのバッテリーで30W急速充電を実現

XiaomiのLei Jun氏が伝えた情報によると、108MPセンサー+ペンタカメラ(5つのカメラ)が大きな特徴となる「Mi CC9 Pro」には5,260mAhのバッテリーが搭載されるという。

現在発売されている多くのスマホは3,500~4,500mAh帯のデバイスが多く、「Mi CC9 Pro」の5,260mAhは一般的なスマホよりも多くのバッテリーを搭載していることになる。そのため、このスマホはカメラ性能だけでなくバッテリーの持ちも期待できるのではないだろうか。

また、バッテリーが大きければ大きいほど充電には時間がかかるが、「Mi CC9 Pro」は30Wの有線急速充電に対応しているため、65分で5,260mAhのバッテリーを満タンにすることができるという。

 

[via GizmoChina]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする