Samsungの新型スマホ「Galaxy Note10」は8月7日にニューヨークで開催されるイベントで発表される予定だ。既に公式によってアナウンスされているこのイベントだが、現在Samsung Indonesiaが「Galaxy Note10」の機能に関するティザーをTwitter上で公開している。

昨年の「Galaxy Note9」はディスプレイと接続することでパソコンのように使用することのできる「Samsung Dex」機能を搭載していたが、この機能は新型スマホ「Galaxy Note10」にも搭載されよりマルチデバイス性に優れることがこのディザーから示唆されている。

これまでの情報から「Galaxy Note10」シリーズには2つのモデルが存在し、それぞれに4G/LTEモデルと5Gモデルが存在すると言われている。スペック的には2019年のフラッグシップモデルになるため当然「Snapdragon855」が搭載される。

「Galaxy S10」シリーズには「Snapdragon855」と地域によっては8nmプロセスの「Exynos9820」が搭載されたが、Geekbench上で発見された情報によると「Galaxy Note10」には7nmプロセスで製造された「Exynos9825」が搭載されると言われている。これは「Exynos9820」から若干アップグレードされたチップセットになる見通し。

 

[via 91mobiles]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする