source:Ben Geskin - Twitter

Samsungが2019年夏に発表することが期待されている新型スマホ「Galaxy Note10」に関する情報はここ数日、以前に増して増えている。

「Galaxy Note10」には筐体がコンパクトなモデルと、より大きなモデルの2つのベースが存在し、それぞれに5G対応モデルが存在することが判明している。そのためこれまでの情報から「Galaxy Note10」は合計4つのモデルが存在すると言われている。

既にモデル番号やディスプレイサイズについて明らかにされているが、現在5G通信に対応する「Galaxy Note10」のベンチマークスコアがGeekbenchより複数発見されている。

「Galaxy Note10 5G」のベンチマークスコアが初めてGeekbenchで発見

今回Geekbench上で発見された「Galaxy Note10」は主に2つ。1つはVerizonが発売する5Gに対応する「Galaxy Note10 5G」(SM-N975V)。そしてもう1つが米国外で発売される「Exynos9825」チップセットを搭載した「Galaxy Note10 5G」(SM-N976B)だ。

「SM-N975V」がVerizonのものであるというのは以前より明らかになっている。「SM-N976B」は「Exynos」チップセットを搭載しているため米国外の市場向けのモデルだと思われる。

「Snapdragon855」を搭載する「Galaxy Note10 5G」のベンチマークスコア - Geekbench

  • シングルコアスコア:3,529
  • マルチコアスコア:10,840

Veirzon版の「Galaxy Note10 5G」には「Galaxy S10」シリーズに搭載されているチップセットと同じ「Snapdragon855」が搭載されていることが確認できる。

また、「Snapdragon855」を搭載している他に、今回発見されたモデルはメモリ12GBのモデルであることが確認できる。これは「Galaxy S10」シリーズにも用意されていたメモリ容量なので特別驚くべきことではないだろう。

「Exynos9825」を搭載する「Galaxy Note10 5G」のベンチマークスコア - Geekbench

  • シングルコアスコア:3,557
  • マルチコアスコア:9,654

「SM-N976B」のモデル番号を持つ「Galaxy Note10 5G」には上記の「Snapdragon855」ではなく、Samsungのチップセット「Exynos9825」が搭載されていることが確認できる。「Galaxy S10」シリーズには「Exynos9820」が搭載されていた。

「Exynos9825」は「Exynos9820」の7nmプロセスバージョンのチップセットだと噂されている。(Exynos9820は8nmプロセス)以前から「Galaxy Note10」には「Exynos9825」を搭載するという情報が出ていたため、今回のベンチマークスコアはそれを裏付ける形になっている。チップセットの詳細については今後の情報を待ちたいところ。

どちらのベンチマークスコアも「Galaxy Note10」のものであることは明らかだが、あくまでも発表前段階に発見されたものである。そのため、今後最適化が進むことでスコア自体もより向上する可能性は十分秘めているだろう。

Samsungは例年通りであれば2019年8月頃に新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズを発表・発売するはずだ。日本では冬モデルとして発売される可能性が高い。

 

[source Geekbench(1) , Geekbench(2)] 
[via SamMobile , 91mobiles]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする