Samsungの「Galaxy Note10」を含む複数製品が2019年8月7日にニューヨークで開催されるイベントで発表されることが明らかにされており、Samsungは発表に向けて準備を進めている。

これまで「Galaxy Note10」シリーズに関する情報が多く明らかにされており、ほぼ公式と評されるレンダリング画像や大きなディスプレイを持つ「Galaxy Note10+」の実機画像が既に明らかにされている。

デザインだけでなくハードウェア・ソフトウェア共に更に優れたスマホへと進化するためにSamsungは様々な技術を開発しており、その内のいくつかが商標登録を申請していることから名称が明らかになっている。

現在「Galaxy Note10」に使用されると思われる名称が2つ判明しており、そのどちらもが「ToFセンサー」を使用する事を示唆している。

「Galaxy Note10」には「ToF」を使用した「DepthVision Lens」技術を搭載か

Samsungは現在「DepthVision Lens」と呼ばれる技術の商標登録を行っていることが判明している。残念ながら商標出願からその技術の詳細を知ることはできないが、その名称からこの技術がカメラのものであり、深度を計測する「ToFセンサー」に関連するものであることが予測できる。

また、「Galaxy Note10」には「ToFセンサー」が搭載されると言われているため、この「DepthVison Lens」技術がサポートされる可能性も高いのではないかと思われる。

他にも「ToFセンサー」に関連しているものと思われる「Make%Play 3D」と呼ばれる商標についてもSamsungは取得済み。これについてもどのような技術化は不明。

これまでの報告によるとSamsungの「Galaxy Note10」には1つの「ToFセンサー」が搭載され、上位モデルの「Galaxy Note10+」には2つの「ToFセンサー」が搭載される可能性があると言われている。

技術の詳細については発表されるまで明らかにされない可能性が高いが、このスマホに関して何か分かり次第直ぐにお伝えしたいと思う。

 

[source Let'sGoDigital] 
[via GizmoChina]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする