Samsungの「Galaxy S10」が多くの地域で発売されている。「Galaxy S10」には多くのカラーリングが発売時点で用意されているが、マーケティングの一環で発売から一定期間後新しいカラーリングを投入することは珍しくない。

先日よりSamsungは欧州地域、特にスイスを中心に「カーディナルレッド」と呼ばれる赤を基調とした新しいカラーリングを6月頃に投入するだろうと言われていたが、現在Samsungが正式に「Galaxy S10/S10+/S10e」向けに「カーディナルレッド」の取り扱いを開始している。

また、事前情報通り「カーディナルレッド」には128GBストレージのモデルのみ用意されている。

取り扱い地域に関してだが、「Galaxy S10」シリーズ向けに用意されている新色「カーディナルレッド」は西ヨーロッパでのみ供給されるようだ。

価格は他のカラーリングと全く同じで、内部的な仕様も変わらない。

既に取り扱いが確認されているスイスでは128GBの「Galaxy S10」は829.95スイスフラン(約90,000円)で販売されている。

日本のユーザーは今後Etorenのような個人輸入サイトで取り扱いが行われるかどうかに注目だ。

 

[source Samsung] 
[via AllAboutSamsung , SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする