「OnePlus 5/5T」向けにWi-Fi接続やナビゲーションボタンが機能しない不具合を修正する「OxygenOS 9.0.2」をリリース

OnePlusは先日「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」向けに「OxygenOS 9.0.1」アップデートをリリースしていた。このアップデートにはWi-Fi接続時の安定性を向上させる内容のものやデバイスが急に再起動されてしまうという不具合等を修正するアップデート内容だった。OnePlusは現在このアップデートの内容と同じながら、いくつかの不具合を更に修正したホットフィックスアップデート「OxygenOS 9.0.2」をリリースしている。

「OnePlus 5/5T」向けに既に展開されているこのアップデートを受け取ったという報告が多くなってきており、今回のアップデートの容量は1748MBと比較的大きめだ。アップデートはいつもと同じようにOTA経由でダウンロードすることが可能だ。

以下、「OxygenOS 9.0.2」の変更点などについて改めて紹介しておく。

「OnePlus 5/5T」向け「OxygenOS 9.0.2」ホットフィックスアップデートについて

  • ホットフィックス
    • 特定のサードパーティ製アプリに関するWiFi接続の問題を修正
    • 物理的/静電容量式ナビゲーションボタンが時々機能していなかった問題を修正(OnePlus 5のみ)

 

  • システム
    • Wi-Fi接続の安定性が向上
    • sRGB表示モードを最適化
    • 読書モードを最適化
    • 4G VoLTEトグルが欠けている問題を修正
    • スクリーンキャスティング時のランダム再起動を修正

[source OnePlus]