OnePlusは先日より「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」向けに「Android 9.0 Pie」をベースにした「OxygenOS」のベータ版をリリースしていた。

「OnePlus 6」に「Android 9.0 Pie」をベースにした「OxygenOS」をリリースする際にも同様にベータ版をリリースし、その後安定版のアップデートを多くのユーザー向けにリリースしていた。

その際、ベータ版のリリースからかなり早い段階で安定版のソフトウェアをリリースしていたが、本日OnePlusが「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」向けにも「Android 9.0 Pie」をベースにした「OxygenOS」の安定版ソフトウェアをリリースしている。

「OnePlus 5/5T」向け「Android 9.0 Pie」をベースにした「OxygenOS 9.0.0」の内容について

  • システム
    • システムをAndroid™9 Pie™に更新
    • Android Pie用の新しいUI
    • 新しいナビゲーションジェスチャー(OnePlus 5Tでのみ利用可能)
    • Androidセキュリティパッチを2018.12に更新
    • その他の新機能とシステムの改善

 

  • 新しいゲームモード3.0
    • テキスト通知モードを追加
    • サードパーティの呼び出しに関する通知を追加

 

  • Do not Disturbモード
    • 調整可能な設定を備えた新しいサイレントモード(DND)

 

  • カメラ
    • 統合Googleレンズモード

 

アップデートの容量は約1740MBと大きいため、可能な限りWi-Fi環境下でダウンロードすることをオススメする。

アップデートはいつものようにOTA経由でダウンロードすることができるが、執筆時点(12/26)で一部地域向けに展開されており、段階的に展開地域を拡大していく予定だ。

「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」が安定版の「Android 9.0 Pie」アップデートを受け取ったことで、2018年末時点で多くのデバイスが「Android 9.0 Pie」へのアップデートを受け取っている。

先日はSamsungはクリスマスプレゼントとして「Galaxy S9」シリーズに「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースしており、Asusも「Zenfone 5」向けに安定版のソフトウェアアップデートをリリースしている。

[source OnePlus]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう