Samsungは先日新しいミドルレンジスマホ「Galaxy A8s」を発表したが、このスマホの最大の特徴は同社初の「Infinity-O」ディスプレイを採用していることだ。

「Infinity-O」ディスプレイについては当サイトでもかなりの数取り上げているが、その特徴はディスプレイにカメラが埋め込まれているというところ。

「Galaxy A8s」のデザインを見てもらえればその特徴は一目瞭然だ。

ただ、この「Galaxy A8s」に搭載されているカメラのサイズはパット見でも大きいことが分かる。

使用されるパネルや必要な技術などは大幅に異なるがSamsungが2019年2月に発表すると言われている「Galaxy S10」シリーズにもこの「Infinity-O」ディスプレイが採用されると言われている。

「Galaxy A8s」に搭載されているフロントカメラのサイズは6.7mmだと伝えられているが、「Galaxy S10」に搭載されるカメラのサイズはこれよりも小さくなるようだ。

「Galaxy S10」に搭載されているフロントカメラのサイズは「Galaxy A8s」のものよりもコンパクトに

「Galaxy S10」には大きく3つのラインナップが存在すると言われており、最もハイエンドなモデルはフロントカメラが2つになると言われている。

一方、標準モデルの「Galaxy S10」やコスパに優れた「Galaxy S10 Lite」はフロントカメラが1つになり、その特徴は「Galaxy A8s」と似ていると思われる。

「Galaxy A8s」に搭載されているフロントカメラはディスプレイ左上に配置されているが、これまでの情報を見るに「Galaxy S10」シリーズに関してはフロントカメラはディスプレイ右上に配置される可能性が高い。

そして、現在6.1インチのディスプレイサイズになると言われている「Galaxy S10」と思われる新しい画面保護フィルムが公開されており、カメラが「Galaxy A8s」と比較してかなりコンパクトになっていることが分かる。

「Galaxy A8s」のフロントカメラは6.7mmと大きめだが、「Galaxy S10」のフロントカメラのサイズは「Galaxy A8s」よりも2~3mm小さくなると言われているため、実際のサイズは3mmよりは大きいが4mmよりは小さいといったところになる可能性がある。

https://twitter.com/Samsung_News_/status/1066396855175647233

また、「Galaxy A8s」よりもベゼル幅が小さくなっていることも確認できるため、「Infinity-O」と呼ばれる技術を使用しているという共通点こそあるものの、2つのデバイスのデザインや特徴は大きく異なることが予想される。

とは言え「Galaxy A8s」はミドルレンジモデルに位置づけられているため「Infinity-O」という新技術が使用されているもののかなりコストには優れている

Samsungのフラッグシップモデル「Galaxy S10」の発表に先駆けて、これらの画面保護フィルム等が公開されるのは良くある話だが、注意点としてこれらの情報は間違っている可能性がある。

比較的安易に偽造することもできるため、いつものように参考程度に留めておくことをオススメする。

昨日Huaweiが「Infinity-O」の特徴と似た同社初のパンチホール型ディスプレイ採用スマホ「Nova4」を発表しているため、これらのスマホとも比較してみたい。

[source Ice Universe/Twitter] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう