source:Phone Arena

Samsungのフラッグシップモデルには主に2種類あり、「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」シリーズが存在する。

同社は2019年2月に「Galaxy S10」と呼ばれる新しい「Galaxy S」シリーズを発表することが期待されているが、2019年夏には「Galaxy Note10」の発表が控えている。

「Galaxy S10」に関する情報はこれまでにも多く見ているが、ディスプレイ技術既存のものとは大きく変わり「Galaxy S10」シリーズでは「Infinity-O」と呼ばれるディスプレイ技術を使用すると言われている。

これは、これまでのスマホに必要だったノッチやカメラ部分の厚いベゼルを取り除くことが可能になり、筐体サイズがそのままでもディスプレイ自体を大きくすることが可能になっている。

既に「Galaxy S10」シリーズのディスプレイに関する詳細はいくつか明らかになっているが、最新の情報で「Galaxy S10」シリーズのディスプレイのサイズに関する詳細と「Galaxy Note10」のディスプレイ詳細も明らかにされている。

「Galaxy Note10」ディスプレイの大きさは過去最大?

韓国メディアThe Bellからの最新の情報によると、「Galaxy Note10」は6.75インチのディスプレイを搭載する可能性があるという。

これは現行「Galaxy Note9」が搭載している6.4インチよりも大きく、以前「Galaxy Note10」のディスプレイサイズは6.66インチになるという噂よりも大きなサイズを示している。

しかし、「Galaxy Note10」が6.75インチのディスプレイを搭載したとしても、筐体サイズ自体はそれほど巨大化しない可能性が高い。これは「Galaxy Note10」が「Infinity-O」ディスプレイや「New Infinity」と呼ばれる新しいディスプレイ技術を使用する可能性が高いからだ。

現時点で「Galaxy Note10」がどのディスプレイ技術を使用するかはわからないが、「Galaxy S10」への仕様が期待されている「Infinity-O」と同等若しくはそれ以上のディスプレイ技術(New Infinity)が使用されると思われる。

また、「Galaxy S10」シリーズには大きく3つのラインナップが存在し、5G通信に対応する特別モデルの系4種類が存在すると言われているが、今回これらのディスプレイサイズに関しても明らかにされている。

Galaxy S10シリーズのディスプレイサイズ
  • Galaxy S10 Lite:5.75インチ
  • Galaxy S10:6.11インチ
  • Galaxy S10+:6.44インチ
  • Galaxy S10(5G):6.66インチ

「Galaxy S10」シリーズに関しては殆どこれまでに明らかにされていた情報と同じで「Galaxy S10+」は6.44インチのディスプレイを搭載するようだ。

今回「Galaxy Note10」や「Galaxy S10」シリーズに関するディスプレイ技術に関する情報が明らかになったが、特に「Galaxy Note10」に関しては発表が半年後と結構先の話だ。

そのため、今後の情報で「Galaxy Note10」のサイズに関する推測は変更になる可能性が十分ある。そのため、いつものように参考程度に留めておくことをおすすめする。

「Galaxy S10」シリーズに関しても同様だが、ここ最近明らかにされるディスプレイに関する情報は殆ど統一されており、これらの情報が正しい可能性は比較的高いと思われる。

どちらのデバイスに関しても今後の情報に注目したい。

[source The Bell , Ice Universe/Twitter] 
[via Android Soul]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする