今月初めてにOnePlusは「Android 9.0 Pie」をベースとしたOxygenOSのオープンベータを「OnePlus 6」向けにリリースした。

その1週間後、OnePlusはバグの修正やパフォーマンスの最適化を行った2番めのオープンベータをリリースしていた。

そして現在、OnePlusは更にブラッシュアップを施した3番目のOxygenOSオープンベータ3を「OnePlus 6」向けにリリースしている。

このソフトウェアアップデートの内容は、システム面の安定性の向上が含まれており、顔認証や指紋認証の安定性の向上等が含まれている。

また、「OnePlus Switch v2.1.0」が実装されている。「OnePlus Switch」はデータの移行などを簡単に行うためのアプリの事である。

「OnePlus 6」向けのOxygenOSオープンベータ3の変更点について

今月3個目の「OnePlus 6」向けにリリースされたOxygenOSオープンベータ3の変更点は以下の通りだ。

システム

  • 周囲の表示による安定性の問題を修正
  • フェイスロックと指紋スキャナの安定性の向上
  • 0.5秒間電源ボタンを押してGoogleアシスタントや他のサードパーティのアシスタントアプリを起動するサポートを追加しました

 

並列アプリケーション

  • パラレルAPPSでさらに多くのアプリケーション(テレグラム、ディスパード、IMO、Uber、OLA)のサポートを追加

 

OnePlus Switch v2.1.0

  • 古いデバイスのQRコードとスイッチを接続できない場合は、手動で接続する方法を追加しました
  • ホーム画面、ロック画面、APPレイアウトを含むアプリケーションデータのバックアップと復元のサポート
  • Androidモデルのバグ修正とサポート

 

既知の問題点

  • このベータ版では、一部のアプリケーションが期待どおりに機能しないことがあります
  • Google Payサービスが動作していません
[OnePlus]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする