Huaweiは既に10月16日に新しいスマホ「Huawei Mate20/20 Pro」を発表する予定であることが明らかになっている。

現在「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」と思われる2つのデバイスが中国の認証機関TENAAより発見されている。

発見されたモデルはそれぞれHMA-AL00HMA-TL00というモデル番号で見つかっている。

しかしながら、今回見つかったモデルはHuaweiが数週間前にEECの認証を受けて明らかになったモデル番号とは一致しない。

EECのリストに載っていたのは、LYA-L29HMA-L29だったため、今回見つかったものとはまた別のモデルということになる。

これらから推測することができるのは、これらの4つのモデル番号は、そもそも全く別のモデルである可能性。

そして多くのスマホでもそうであるように、地域ごとに異なるモデル番号を採用しているという点だ。

10/17追記

Huaweiが公式に最新の「Mate20」シリーズを発表している。

Huawei「Mate20」と「Mate20 Pro」と「Mate20X」は何が違う?スペックや特徴の違いについて

2018.10.17

「Huawei Mate20 Pro」のザックリしたスペックについて

これまでの情報で「Huawei Mate20 Pro」にはディスプレイ内指紋認証機能の搭載、QHD+の解像度を持つAMOLEDディスプレイを搭載する。

また、チップセットには強力なパフォーマンスを誇ると言われているHuaweiのKirin980が使用される予定だ。

更に、「Huawei Mate20 Pro」にはSamsungの「Galaxy Note9」(4000mAh)に匹敵するバッテリー容量が搭載されると言われている。

[via MySmartPrice]

Wonder-Xの最新情報をチェックする