Samsungは2019年始めに新しいGalaxy Sシリーズとなる「Galaxy S10」を発表する予定であると伝えられており、「Galaxy S10」には少なくとも3つのモデルが存在すると言われている。

最近の情報ではSamsungが「Galaxy S10+」をベースとした5G対応モデルを開発中であることが伝えられているが、恐らくグローバル展開にはならないことからとりあえず5Gモデルについては様子見といったところだ。

そして現在Samsungが来年初めに発売する予定の「Galaxy S10」の3つのモデル番号が明らかにされた。

SamsungはこれまでのGalaxy Sシリーズでは2つのモデルを発売していたが、「Galaxy S10」も2つのモデルはその時のナンバリングにならったものになるようだ。

Ice Universeによると「Galaxy S10」の2つのモデルは「SM-G970」と「SM-G975」になると伝えており、これまで用意されてこなかった3つ目のモデルは「SM-G973」になるという。

また同氏はモデル番号だけでなく、各モデルが搭載するディスプレイの詳細についてもシェアしている。

「Galaxy S10+」のディスプレイは6.44インチのエッジディスプレイ

今回の情報をシェアしたIce Universeによると、Samsungの「Galaxy S10」シリーズのモデル番号とディスプレイサイズの関係は以下の通りだ。

  • SM-G970:5.8インチ フラットディスプレイ【Beyond0
  • SM-G973:5.8インチ エッジディスプレイ【Beyond1
  • SM-G975:6.44インチ エッジディスプレイ【Beyond2

実際にはこれらのモデル番号の後ろにチップセットごとに異なるアルファベットが追加されることになる。

SamsungのExynosチップセットを搭載するモデルであれば、「SM-G970F」のように。

早い段階で「Galaxy S10」シリーズのエントリーモデルに位置付けられるデバイスはフラットディスプレイになると伝えられていたが、どうやら9月末時点でもこの情報は生きているようだ。

また、Samsung MobileのCEOを務めるDJ Koh氏は先日「Galaxy S10」のデザインの変更はとても重要である、と伝えていることから2世代に渡って使用されてきたデザインが変更されることを示唆している。

更に、Samsungは現時点でファームウェアバージョンXXU0ARI8の3つの「Galaxy S10」をテストしていることが見つかっており、多くのユーザーの期待通り「Galaxy S10」は発売時点で「Android 9.0 Pie」が搭載されると見て間違いないようだ。

「Galaxy S10」はカメラ機能が大幅に強化され、リアカメラがトリプルカメラで構成されると伝えられている為、どういった特徴を持つカメラになるのか興味深い。

先日Samsungは同社初めてとなるトリプルカメラ搭載モデル「Galaxy A7」(2018)を正式に発表している。

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう