Samsungは2019年の初めに新しいフラッグシップモデル「Galaxy S10」を発表する可能性が高い。

このモデルはSamsungの10周年記念モデルとなることや、「Galaxy S9」がS8からのマイナーアップグレードモデル出会ったことなどから、多くのGalaxyファンは大幅な変更を期待している。

これらのことから、Samsung MobileのCEOを務めるDj Koh氏は、「Galaxy S10」のデザインの変更は非常に重要であると述べている。

この発言は、先週中国で開催されたメディアとの対談中にかわされたもので、同氏は変更の詳細については触れていない。

しかし、現在の「Galaxy S」シリーズは「Galaxy S8/S9」と2世代に渡って採用されたものであり、時期的にもデザインの変更は不思議ではない。

「Galaxy S10」のデザイン変更について

まず、誤解のないように明らかにしておきたいが「Galaxy S10」は折りたたみのスマホでない。

折りたたみ式のスマホは2018年11月に開催されるSDC2018で発表される可能性が高く、「Galaxy S10」とは全く別の新しいスマホのことだ。

「Galaxy S10」が折りたたみ式のスマホではない、という点でいえば大幅なデザイン変更は行われない。

これまでにデザインについてはいくつかの議論がなされており、基本的には現在のGalaxy Sシリーズと似たものになると言われているが、現在のものよりも画面占有率が高くなり、よりベゼルレスデザインに近づくものになると言われている。

またKoh氏によると「Galaxy S10」は「驚くべき」(Amazing)色で提供される予定であると伝えていることから、これまでにはなかったカラーリングが発売される可能性があるといえる。

これまでに聞いてきた情報では「Galaxy S10」にはこれまでのモデルで人気だったカラーリングが提供されるのではないかと言われている。

また、先日中国向けのGalaxyスマホに初めてグラデーションモデルが発売される旨が伝えられていることもあり、「Galaxy S10」にはSamsungのフラッグシップモデルで初めてグラデーションカラーが用意される可能性もあるといえる。

現時点でどういった内容になるかについては触れられていない。

Samsungは多くの点で変更や追加がされると言われている最新のフラッグシップモデル「Galaxy S10」を2019年の1月に開催されるCES2019、もしくは2月のMWC2019で発表される可能性が高い。

そのため、今後数ヶ月のうちに更にいくつかの情報が明らかにされると思われる。続報に期待したい。

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう