先日Samsungは「Galaxy Fold2」に加えて、安価な折りたたみスマホとして「Galaxy Fold Lite」(仮称)を開発していることが明らかにされた。

「Galaxy Fold2」とは異なる10万円前後の折りたたみスマホ「Galaxy Fold Lite?」を開発中か

「Galaxy Fold Lite」と呼ばれるのか「Galaxy Fold E」のように呼ばれるのかは現時点で不明だが、情報によるとこの価格に優れた折りたたみスマホは1100ドル以下での販売を目指しているとか。

現在「Galaxy Fold Lite」の存在を伝えたXDAのMax氏がこの折りたたみスマホのスペックをリークしている。このスマホ、5G通信には対応しないかもしれない。

「Galaxy Fold Lite」のスペックがリーク

同氏が伝える情報によると、「Galaxy Fold Lite」にはクアルコムのフラッグシップ向けチップセット「Snapdragon865」が搭載されるものの、5G通信には対応しない可能性があるという。

またストレージは256GBモデルが存在し、カラーリングはミラーブラックとミラーパープル。ディスプレイは初代と同じくUTGパネルは使用せずプラスチックポリマーを採用。

「Galaxy Fold Lite」には2018/2019/2020製の部品を組み合わせて製造され、折りたたんだ状態のディスプレイは恐らく小さいものになるとのこと。(Galaxy Z Flipのような)

筐体パネルにはアルミとガラスを採用。

様々な年式の部品を組み合わせるというのは価格を抑えるためだろう。「Galaxy Fold Lite」のコードネームは「Winner2」とのこと。

価格に関する情報も更新しており、「Galaxy Fold Lite」の価格は1,099ドルを目指しているようだ。日本円にして約12万円。初代「Galaxy Fold」が24万円であることを考えると約半値。

また、同氏はこれらの情報はすぐに変更される可能性があると伝えているため、参考程度にとどめておくことをおすすめする。

この記事が気に入ったら
フォローしよう !

最新情報をお届け!