OnePlusは今年今後のトレンドとなる可能性の高い90Hzリフレッシュレート対応スマホを発売し、また、以前より取り組みが伝えられていたスマートTV「OnePlus TV」が発表された。

2019年も精力的に規模を拡大しているOnePlusだが、2016年にある計画が中止されたことをご存知だろうか。

OnePlusのスマートウォッチ「OnePlus Watch」の存在。このデバイスは2016年に同社が取り組んでいたウェアラブルデバイスで、最終的にこのプロジェクトは中止になった。

理由はいくつかあるものの主な理由はスマホ市場に注力すべきだという結論に至ったからだ。いまやOnePlusはスマホ市場、特任度市場でトップシェアを獲得するなど、スマホを語る上で切っても切り離せない企業へと成長したが、2016年時点のOnePlusは現在のポジションを確立するためにまだまだ模索していた段階。そのためその時点で他の市場まで風呂敷を広げるのは得策ではないと判断され、「OnePlus Watch」は世に発表されることはなかった。

最新の情報によるとOnePlusは現在「OnePlus Watch」ではないようだが新しいウェアラブルデバイス開発に取り組んでいるようだ。

「OnePlus Watch」プロジェクト再始動?スマートウォッチかフィットネスバンドか

フィットネスバンドを持っている人、フィットネスバンドが好きでたまらない人、若しくはフィットネスバンドを今後手に入れようと計画しているすべての人のために私は2つの言葉を伝えたい。「Never Settle」

 

OnePlusが2016年に取り組んでいたものは「OnePlus Watch」と呼ばれるスマートウォッチでデザインの一部を明らかにするスケッチなんかも明らかにされていた。

だが、今回の報告によるとOnePlusが取り組んでいるものは恐らくスマートウォッチではなく、フィットネスバンドである可能性が高い。

残念ながら、現時点で他に伝えられる情報はないが噂によるとOnePlusはこのウェアラブルデバイスを「OnePlus 8」と一緒に発表する可能性があるという。

OnePlusは自社製品の発表前に自らヒントを出すことで知られているため、恐らくこのウェアラブルデバイスについても発表時期が近づけばティザーが公開されるのではないかと思われる。同時に時期が近づくと何らかのリーク情報出回るはずだ。

今後の情報に注目したい。

 

[via wccftech]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする