Samsungは先日新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズを発表し、先日より多くの地域で販売が開始されている。

「Galaxy Note10」シリーズは先に発売されている「Galaxy S10」シリーズをさらに改善し、パンチホール型のカメラを小型化するなどデザイン面での改善面も多い。「Galaxy S10」も美しいデザインだったが、「Galaxy Note10」のデザインは更に美しいボディへと仕上がっていると言えるだろう。

さて、先日より発売が開始されているこの「Galaxy Note10」シリーズ向けに発表後最初のソフトウェアアップデートがリリースされている。

「Galaxy Note10/Note10+」が受け取る最初のソフトウェアアップデート

Samsungが「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」向けにリリースしたアップデートには2019年8月のセキュリティパッチが含まれており、他にも多くの面でパフォーマンスの改善が行われている。

具体的にこのアップデートには指紋認証の認識改善やカメラの画像クオリティ、タッチスクリーンのパフォーマンス改善が含まれている。カメラについてはクオリティの他にも安定性も増しているようだ。

基本的にどのスマホも発表後最初のソフトウェアアップデートは大型になる傾向があるが、内容自体はシステムのあらゆる面のパフォーマンス改善だ。それは「Galaxy Note10」シリーズも同様のようだ。

このアップデートは現在多くの欧州地域で展開されており、今後段階的に展開地域を拡大していくはずだ。

このアップデートのビルド番号は「Galaxy Note10」がN970FXXU1ASH5、「Galaxy Note10+」がN975FXXU1ASH5だ。アップデートの容量は307.64MB

自分の「Galaxy Note10」で最新のアップデートを今直ぐダウンロード・インストールすることができるかを確認するためには、設定アプリを起動後、「ソフトウェア更新」をタップし、「ダウンロード及びインストール」をタップする事で確認できる。

 

[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする