Samsungの新型スマホ「Galaxy Note10」シリーズは8月7日に発表される予定。「Galaxy Note10」シリーズには「Galay S」シリーズのように複数モデル展開になり、標準モデルの「Galaxy Note10」、上位モデルの「Galaxy Note10+」が用意されている。

これらの違いはディスプレイの大きさだけでなく解像度にも差別化が図られ、カメラ性能やバッテリー容量などに差がつけられている。

さて、「Galaxy Note10」シリーズのデザインを明らかにする公式プレス画像は以前より明らかにされており、既に3つのカラーリングが明らかにされていた。これまで公開されていたものはブラック・ピンク・そして派手なグラーデションを持つカラーリングの3つ。

現在ここに「Galaxy S10」シリーズのセラミックホワイトを彷彿とさせる美しいホワイトのカラーリングを持つ「Galaxy Note10+」の公式プレス画像がIshan Agarwal氏によって公開されている。

「Galaxy Note10+」(オーラホワイト)のプレス画像

上記が公開された「Galaxy Note10+」の白系のカラーリング。「Galaxy Note10」シリーズのカラーリングは基本的に「Aura ○○」のようにオーラ○○と名付けられることが既に判明しているが、この白系統の名称は恐らく「Aura White」(オーラホワイト)になるとのこと。

「Galaxy Note10」には「Sペン」も付属するが、このペンもしっかりと「Aura White」に染まっており、落ち着いていてかなり品のあるカラーリングなのではないかと思われる。

「Galaxy S10」シリーズ以降、派手なグラーデションを持つカラーリングも登場しているが、やはり落ち着いたカラーリングが好みというユーザーも多いだろう。そういう層にはかなり「Aura White」は受け入れられるのではないだろうか。

8月7日に発表を控えた「Galaxy Note10」シリーズ。昨年のSamsung製スマホと比較して情報管理がかなり徹底されているように感じる。そのため発表直前だが実機画像のリークはかなり頻度が限られており、スペック、特にバッテリーに関する情報は未だに謎の部分も多い。

最近の情報によれば「Galaxy Note10」シリーズは全て45Wの急速充電に対応しているものの同梱される充電器は25Wまで。45Wで充電したい場合は対応充電器を別途購入する必要があるという感じ。その他詳細を含め全ては来週明らかにされる。

 

[source MySmartPrice , IshanAgarwal]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする