Samsungの新型タブレットはこれまで「Galaxy Tab S5」として発表されると思われたが、先日の情報から正しくは「Galaxy Tab S6」として発表される可能性が高いことが判明した。

現在、この情報を裏付けるように「Galaxy Tab S6」の実機画像がリークされている。

これまでの情報から「Galaxy Tab S6」には「Snapdragon855」が搭載される可能性が高い。その事だけでも「Snapdragon845」を搭載可能でも「Snapdragon835」を搭載してきたこれまでのSamsungタブレットとは異なることが伺える。

「Galaxy Tab S6」の実機画像

上記画像を見てもらえれば確認できるようにSamsungの新型タブレット「Galaxy Tab S6」には背面に2つのカメラが搭載されていることが確認できる。また、「Sペン」をマグネットで装着するための溝も確認できる。背面に配置された2つのカメラモジュールの詳細は現時点で不明。

「Galaxy Tab S6」には10.5インチのディスプレイが搭載され、「Android 9.0 Pie」+「One UI」で動作する。今回の実機画像を見る限り上下左右ともにベゼルはそこそこありそうだ。

Wi-FiモデルとLTEモデルが存在する「Galaxy Tab S6」にはグレー、ブルー、ブラウンの少なくとも3色は用意される予定だという。

現時点で「Galaxy Tab S6」がいつ発表されるかは不明とされているが、昨年と同時期であれば8月中に発表されるのではないかと思われる。発表時期については今後の情報を待ちお伝えしたいと思う。

 

[source SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする