ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone2」は7月23日に中国で発表される予定。また、先日の情報からこのスマホにはクアルコムによって発表されたばかりの最新チップセット「Snapdragon855 Plus」が搭載されることがASUS公式によってアナウンスされた。

「Snapdragon855 Plus」は通常の「Snapdragon855」と比較してクロック周波数が2.84GHzから2.96GHzへと向上しており、また、GPU性能も15%程向上している。

コア構成などはそのままになるため、目覚ましい性能向上ではないもののこのチップセットはゲームパフォーマンスを向上させるものとして期待されている。

そのため、多くのユーザーが「Snapdragon855 Plus」の性能はどれほどのものなのだろうと注目しているが、現在「ROG Phone2」と思われるデバイスがGeekbench上で発見されている。これはASUSがアナウンスしている通り、「Snapdragon855 Plus」を搭載しているようだ。

「Snapdragon855 Plus」を搭載する「ROG Phone2」のベンチマークスコア - Geekbench

上記が実際に発見された「ROG Phone2」と思われるデバイス。モデル番号が「ASUS_I001 DC」となっているため、厳密にこのデバイスが「ROG Phone2」であると確定されたわけではないが、このモデル番号はこれまでにもWi-Fi認証や3C認証などで見かけており、「ROG Phone2」のものである可能性が極めて高い。

そして何よりパフォーマンスが「Snapdragon855 Plus」を搭載する「ROG Phone2」である可能性を高めている。

今回発見された「ROG Phone2」と思われるデバイスはシングルコアスコアが3,616、マルチコアスコアが11,103を記録している。

今回のGeekbenchスコアを見る限り、通常の「Snapdragon855」とスコア上はあまり変わりはなさそうだ。とは言え、実際にゲームなどをプレイするとその違いは顕著なのかもしれない。

また、このスマホには12GBのメモリが搭載されており、「Android 9 Pie」で動作していることも確認できる。

 

[via MySmartPrice]

Wonder-Xの最新情報をチェックする