Googleが2019年秋に発表することが期待されている新型スマホ「Pixel 4」シリーズ。既に何度か「Pixel 4」に関する情報が出てきているが、現在「Pixel 4」デザインの一部を明らかにするレンダリング画像をOnLeaksとPricebabaが公開している。

今回の画像はOnLeaksが伝えたものだが、今回のレンダリング画像は「Pixel 4」の初期段階の詳細な回路図から作られたものとのこと。そのためGoogleが最終的に決定する「Pixel 4」のデザインとは若干異なる可能性がある。また、その作成に至って参考にされたデータから一部特徴は不明のままだ。

「Google Pixel 4」のデザインの一部が分かるレンダリング画像

今回OnLeaksによって公開された「Pixel 4」のレンダリング画像はいつものようにハッキリとした画像ではない。しかし、今回の画像から「Pixel 4」のデザインの特徴が一部分かる。

今回の画像によると「Pixel 4」のディスプレイ上部にはスピーカー用のベゼルが存在する可能性が高い事が確認できる。この部分がノッチになるのか普通にベゼルなのかは不明。ディスプレイ下部については今回の画像からは良くわからない。ディスプレイはフラット。

背面にはどこかで見たことのあるようなカメラデザインを確認できる。「Pixel 4」の背面のカメラは2019年秋にAppleが発表することが期待されている新型「iPhone」のカメラデザインと非常に似ている。

OnLeaksによると、「Pixel 4」のリアカメラには少なくとも2つのカメラは搭載されるだろうと伝えている。デュアルカメラになるのかトリプルカメラ構成になるのかについては今後の情報を待ちたいところ。どちらにせよGoogleはこれまで「Pixel 3」シリーズでも背面には1つのカメラしか搭載してこなかったため、「Pixel 4」が2つ以上のカメラを搭載するのであればGoogleにとって初めての試み。

1つのカメラレンズでさえ圧倒的なカメラ品質を誇るGoogleスマホだが、これが複数レンズになった際にどう化けるのかは非常に楽しみな部分。

次に、「Pixel 4」のレンダリング画像からは指紋認証センサーを確認することができない。「Pixel 3」では背面に配置されていた指紋認証センサーは「Pixel 4」では確認できず、またスマホ右側面の電源ボタン部にもそれらしきボタンは確認できない。

そのため「Pixel 4」はディスプレイ内指紋認証センサーを搭載している可能性が高いだろう。「Galaxy S10」シリーズのように超音波式になるのか「OnePlus 7 Pro」のような光学式になるのかは不明。

3.5mmイヤホンジャックの存在も今回の画像からは確認できない。これは「Pixel 3」でもそうであったため、さほど不思議ではないだろう。

今回公開された画像は「Pixel 4」の初期段階のプロトタイプの回路図から作られたもの。そのため今後明らかにされる最終的なレンダリング画像とは若干特徴が異なる可能性がある。

そのため、今後の情報には注目しておきたい。何か分かり次第直ぐにお伝えしたいと思う。

 

[source Pricebaba]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする