Samsungは積極的にスマホのシェアを拡大するために様々な戦略を試みている。最近では同社の最新技術を最高性能のフラッグシップモデルではなく、中価格帯向けのミドルレンジモデルに優先的に投入している。

これまでも様々な企業と協力してきたSamsungだが、今回新たに強力なパートナーシップを結んでいる。

現在、AMDとSamsungが、AMD Radeonグラフィックテクノロジに基づく低消費電力、高性能モバイルグラフィックIPにおける複数年の戦略的パートナーシップを結んだことを発表している。

簡単に言い換えれば、今後Samsungの「Exynos」チップセットがモバイル向けに最適化されたカスタムAMD Radeonグラフィックを統合するということだ。

そのため、今後Samsungによって発売されるスマホはグラフィック性能、もっと分かりやすく言えばゲーム性能が大幅に向上する可能性がある。

また、今回の戦略的パートナーシップに関するSamsungのプレスリリースは契約内容の一部に触れている。

AMDは最近発表されたRDNAグラフィックアーキテクチャに基づいてスマホやモバイルデバイス、そして他のAMD製品を保管するためにSamsungにカスタムグラフィックIPをライセンス供給する予定。そして、SamsungはAMDの技術ライセンス料と使用料を支払うとのこと。

SamsungとAMDによる強力なパートナーシップを締結を結んだ事は非常に楽しみだが、あくまでも締結したばかりであるため、直ぐにその成果が出てくるものではない。

しかし、今後どのようなデバイスをを発表するのか今から非常に楽しみだ。

 

[source Samsung] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする