Googleが「Google I/O 2019」を開催し、同イベントで同社のスマホ用最新OS「Android Q」の最新ベータ版が多くのスマホ向けにリリースされた。

この対象として「OnePlus 6T」が含まれているが、OnePlusが現在「OnePlus 6」と「OnePlus 6T」向けに「Android Q」のデベロッパープレビュー(DP)版をOnePlusのフォーラム上でリリースしている。

OnePlusによるとこの「Android Q」のDP版は5月14日に発表される「OnePlus 7」シリーズ向けにもすぐに提供される予定だという。

Googleの「Android Q」は現在ベータ版がリリースされている状態であり、安定版のソフトウェアではない。そのため、OnePlusがリリースしているDP版でも多くの不具合や機能しないことがOnePlusや既に導入したユーザーによって報告されているため、現在報告されている不具合を簡単にまとめてみたいと思う。

もし「OnePlus 6」や「OnePlus 6T」、そして今後「OnePlus 7」シリーズで「Android Q」のDP版(1)を導入しようと考えている人がいれば参考になれば幸いだ。

以下に紹介するものは5月9日時点でリリースされている「Android Q」のDP版で報告されているものであり、今後アップデートを重ねることでこれらは修正される可能性が高い。

「OnePlus 6/6T/7/7Pro」向け「Android Q」DP版で報告されている不具合まとめ

OnePlusがフォーラム上で挙げている既知の問題点は以下の通り。

  • カメラ・ポートレートモードが機能しない
  • アンビエントディスプレイが機能しない
  • システムの安定性の問題(安定度が高くない/クラッシュ等)
  • 次回のプレビュービルドで暗号化が変更予定
  • このDP版では一部アプリが予想通りに機能しない可能性
  • PCからスマホにロールバックをコピーできないMTPの問題

以下に紹介するのが既に「OnePlus 6/6T」で「Android Q」DP版を導入したユーザーがフォーラム上で報告した不具合一覧だ。

  • バグが多い(原文:Buggy)
  • 遅い(安定度や最適化の問題)
  • クラッシュが多い
  • 機能が不足している
  • ホームボタンが反応しない
  • Wi-Fiが不安定
  • SIMシグナルを信頼されない
  • 「Android Q」の特徴的なジェスチャー未実装(従来の3ボタンナビゲーションのみ)
  • OxygenOSらしくない肉薄なAndroid
  • ステータスバーのアイコンがズームされており、設定を変更しても正しく表示されない
  • ダークテーマは実装されているが、通常カラーと混同する可能性がある
  • クイックチャージ(急速充電)が機能していないという報告

 

[source OnePlus]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする