Appleが今年9月頃に発売することが期待されている新型「iPhone」に関する情報が少しずつだが、確実に増えてきている。

2019年の「iPhone」は現在のところ「iPhone XI」と呼ばれており、既に何度か詳細なレンダリング画像が公開されている。

これまでの情報から今年の「iPhone XI」も昨年同様3つのモデルが存在し、それぞれアップグレードが行われるものと思われる。現行「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継に位置づけられるモデルはトリプルカメラになることが示唆されており、その特徴的なカメラ配置で話題になった。

これまでにも多くのレンダリング画像を公開してきたOnLeaksがこれまでの情報をもとに作成した新しい詳細なレンダリング画像を公開している。

2019年「iPhone XI」の詳細なレンダリング画像 - カメラ以外は概ね現状維持

今回、インドのCashKaroと呼ばれるメディアサイトがOnLeaksとの協力でAppleが2019年に発売する新型「iPhone XI」に関する詳細なレンダリング画像を公開している。

現在この新型「iPhone」は「iPhone XI」と呼ばれているが、正式な名称は現時点で判明していない。情報をわかりやすくするために付けられている仮称だ。

「iPhone XS」の後継にモデルに位置づけられる「iPhone XI」は5.8インチのディスプレイを搭載し寸法は143.9x71.4x7.8mmになるという。背面のカメラ部分の暑さを加えると9mmの厚みになる。(カメラ部分1.2mm)

「iPhone XI」も引き続き「iPhone X」以降採用されているノッチスタイルを採用しているものの、「iPhone XI」ではこのノッチが僅かだが小さくなっており、またベゼル幅もより狭くなっているという。しかしながら、殆ど見分けはつかないレベルとのこと。

最も特徴的なのはやはり背面カメラの配置。これまでの情報通り余り見ることのない配置でトリプルカメラを実現していることが確認できる。また、「iPhone XI」はカメラ部分を含む単一のガラスで作られているため、物理的にカメラを触ることはできない。これはカメラに傷が入らない代わりに、カメラ部分のガラスが割れるとカメラ機能を快適に使用できなくなる可能性がある。

また、「iPhone XS」からの変更点としてデバイス左側面に配置されたミュートボタンがこれまでとは異なるデザインを採用している。充電に使用するポートは「iPhone XI」でも変わらずLightningを採用。

現時点でデザインなどに関する情報以外はあまり出ておらず、搭載が期待される「A13 Bionic」等に関する情報はまだ見ていない。どのようなパフォーマンスを持っているのかどについても今後の情報に期待したい。

 

[source CashKaro] 
[via wccftech]

Wonder-Xの最新情報をチェックする