OnePlusが現在「OnePlus 6」と「OnePlus 6T」向けに最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

OnePlusは「OnePlus 5/5T」向けにはより定期的にソフトウェアップデートをリリースしていたが、「OnePlus 6/6T」向けには2019年2月にアップデートがリリースされて移行ベータ版以外には動きがなかった。

2019年2月のアップデートには2019年1月のセキュリティパッチが含まれていたため、OnePlusにしては珍しくセキュリティパッチの期間が2ヶ月以上空いていた。

その空白を埋めるためのアップデートが今回リリースされたもの。しかし、2019年4月のセキュリティパッチではなく3月のセキュリティパッチが含まれている。

「OnePlus 6/6T」向け「OxygenOS 9.0.5/9.0.13」の内容について

  • システム
    • Androidセキュリティパッチを2019.3に更新
    • 一般的なバグ修正とシステムの改善

 

  • コミュニティ
    • バグを報告し、機能要求を送信するためのフィードバックツールの紹介

OnePlusが今回リリースした「OnePlus 6/6T」向けの「OxygenOS 9.0.5/9.0.13」アップデートには上記の通り、2019年3月のセキュリティパッチが含まれている。執筆時点で4月後半だが、4月のセキュリティパッチではない理由は不明。真偽は不明だが、何らかの不具合を修正するのに手間取っておりとりあえず3月のセキュリティパッチで対応する、という事なのだろうか。

少なくとも既にリリースされている「OnePlus 6/6T」向け「OxygenOS OpenBeta 16/8」には2019年4月のセキュリティパッチを含む多くの変更点が含まれていたため、比較的早い段階で次の安定版アップデートが提供されるのではないかと思われる。

最近は「OnePlus 7」シリーズに関する情報が増えてきている。当サイトでは「OnePlus 7」シリーズなどの最新スマホに関する情報も多く取り扱っているので、是非チェックしていただきたい。

 

[source OnePlus] 
[via XDA]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする