OnePlusは現在、「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」向けに最新のソフトウェアアップデートをリリースしているようだ。

今回リリースされたのは「OnePlus 5」と「OnePlus 5T」の2デバイスで、バージョンは「OxygenOS 9.0.4」。

このアップデートには2019年1月のAndroidセキュリティパッチが含まれており、いつものように様々な不具合の修正やパフォーマンスの改善が行われている。また、ネットワークの安定性向上やOTAアップデートの安定性が向上しているという。

最も大きな変更点としてGoogle DuoをOSレベルで統合されており、この内容は既に「OnePlus 6/6T」向けのアップデートでも実施されている。

アップデートは既にOTA経由で展開されており、段階的に展開地域を拡大していく予定だ。

「OnePlus 5/5T」向け「OxygenOS 9.0.4」の内容について

  • システム
    • Androidセキュリティパッチを2019.1に更新
    • OTAアップグレードの安定性が向上
    • 一般的なバグ修正とシステムの改善

 

  • 電話
    • Google Duoとの緊密な統合

 

  • ネットワーク
    • ネットワーク安定性の向上

アップデートの容量は1741MBと大きいため、可能な限りWi-Fi環境下でダウンロードすることをオススメする。また、OnePlusによると「OnePlus 3/3T」向けの「Android 9.0 Pie」アップデートは現在準備が進められているという。

 

[source OnePlus]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう