「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」には世界初の超音波式ディスプレイ内指紋認証機能が搭載されている。

「Galaxy S10」最大の特徴の1つとなるこの指紋認証は、超音波式のセンサーを使用している。超音波式のセンサーは光学式のセンサーと比較してスピードや精度、セキュリティの面が向上するといった特徴がある。

一方、ディスプレイ保護ガラスを装着していると、正常に認識できない等いくつかデメリットもある。

現在、是怪獣の多くの地域で発売されている「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」だが、実際に指紋認証を使用して様々な意見が出てきている。

肯定的な意見も多いものの、超音波式の指紋認証の不満も多い。それは主にパフォーマンスや認識率の面。

「Galaxy S10」の指紋認証が上手く認証してくれない問題について

現在、多くのユーザーがフォーラムなどで報告している「Galaxy S10」の指紋認証に関する不満は主に上手く認証できないというもの。認識されづらい環境として、登録している指が乾燥している場合、登録している指が怪我している場合等が挙げられる。

Samsungは「Galaxy S10」の発売後、最初のソフトウェアアップデートを既にリリースしており、そのアップデートには指紋認証センサーのパフォーマンスを改善する内容が含まれている。

また、Samsungによると一部ユーザーが「Galaxy S10」の指紋認証について不満を持っており改善の必要性があることを認識しているという。そのため、Samsungは今後のソフトウェアアップデートを通して、指紋認証のパフォーマンスを向上するアップデートを提供し続けることを明らかにしている。

そのため「Galaxy S10」を購入後、指紋認証が上手く動作しないなあと思っても、今後のアップデートで改善されることに期待できるだろう。

 

と、ここまでがお伝えしたい情報だが、現在手元にある「Galaxy S10+」で指紋認証を使っているが、実際どうなんだよって話。

確かに、正しく認証できないことが少なくはないなという感じ。スピード自体は全く問題なし。ただし、顔認証のスピードが桁違いに早いため、顔認証を登録していると指紋認証をする前にロックが解除される。また、あまりにも認証率が低いと感じる場合、そもそも指紋の登録が上手くできていない可能性がある。その場合は一度登録している指紋を削除し、再度登録し直してみて欲しい。改善が期待できる。

↑ディスプレイ内指紋認証センサーを使用し始めて2日目だが、指紋認証リーダーの場所を覚えてくると認証率が格段に向上したように思う。真ん中に指を置くのがポイントだ。確度はそれ程重要ではなさそうだ。スマホに対して真っ直ぐ置いても、自然な角度(若干斜め)で置いても大差はないと感じている。

今後、何か明らかに変わったと感じたらすぐにお伝えしたいと思う。

 

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする