Samsungは先日、新型スマホ「Galaxy S10+」向けに公式発表後最初のソフトウェアアップデートをリリースしている。

このアップデートには様々な変更点が含まれており、大きな変更点の1つにBixbyボタンの再割り当てを可能にするものが含まれている。

SamsungのAIアシスタント「Bixby」を起動するボタンは「Galaxy S8」以降のスマホに搭載されており、「Galaxy S10」の左側面中央にもBixbyボタンは搭載されている。しかし、このBixbyボタンを本来の使い方で使用しているユーザーは殆どおらず、何のために存在しているボタンなのか分からなくなっていた。

特に日本ではBixbyが日本語に対応していない事から、アメリカやヨーロッパ地域と比較してより何のためのボタンか分からなくなっていた。このボタン、Bixbyを起動するのではなくなにか別のアプリや機能を割り当てることができたら便利なのに…。多くのユーザーはそう願っていたのだが、これまでその機能は搭載されていなかった。

しかし、Samsungが先日「Galaxy S10+」向けにリリースした最初のソフトウェアアップデートには、Bixbyボタンを押した際に何のアプリを起動させるか等を再割り当てするための機能が含まれている。また、この機能を使用することのできるスマホは以下の通り。

  • Galaxy S10/S10+/S10e
  • Galaxy S9/S9+
  • Galaxy S8/S8+
  • Galaxy Note9
  • Galaxy Note8
「Android 9.0 Pie」+「One UI」アップデートを受けたデバイスが対象

Bixbyボタンを再割り当てする前にやっておくべきこと

Bixbyボタンを押すことで任意のアプリを起動するように設定することができるのは執筆時点(3/1)で以下のバージョン。

  • Bixby Home:3.0.02.6
  • Bixby Service:2.1.04.14

そのため、「Galaxy S10」シリーズだけでなく、以前の「Galaxy S9」等でBixbyボタンの再割り当てを行うためにはBixbyアプリが最新バージョンである必要がある。再割り当ての設定を行う前にやっておくべきことはこのアプリのバージョンアップだ。上記アプリ2つとも。

Bixbyアプリのアップデートは「Galaxy Store」からダウンロード・インストールすることができる。

GalaxyスマホのBixbyボタンを再割り当てする方法

今回のアップデートにより、GalaxyスマホではBixbyボタンを1回押すと何のアプリを起動するか設定することができるようになっている。また、Bixbyボタンを2回押すことでこれらの機能を反応するように設定することができる。

誤解のないように言っておくと、Bixbyを起動する機能を完全に無効化することはできず、Bixbyボタンを1回押すと任意のアプリを起動するように設定すると、Bixbyボタンを2回押すことでBixbyが起動される。逆に、Bixbyボタンを2回押すと任意のアプリを起動するように設定すると、Bixbyボタンを1回押すことでBixbyが起動される。2つの任意アプリが起動できるようになるわけではないので注意。

ここでベストと思われる設定は2回押すことでBixby起動し、1回押すことで任意のアプリを起動するように設定する方法だろう。アプリではなくクイックコマンドを実行するように設定もできるようだ。

さて、2つのBixbyアプリが最新バージョンであることが確認されたら、いよいよ使い道のなかったボタンに光を照らしてあげる時間だ。

Bixbyボタンを再割り当てするためにはまず設定アプリを起動する。次に「Advanced Features」(高度な機能)→「Bixby Key」と進むことで以下の画像のメニューを開くことができる。

上記画像の場所にたどり着けたら、後は簡単だ。「Single press to open Bixby」を有効にしていたら、1度Bixbyボタンを押すことでBixbyが起動される。この場合、1つ下の「Use double press」(2回押しを使用する)を有効化して、2回Bixbyボタンを押すことで起動するアプリや機能を設定するだけだ。

逆に、「Double press to open Bixby」を有効にしていたら、2度Bixbyボタンを押すことでBixbyが起動される。1つ下の「Use single press」(1回押しを使用する)を有効化して、1回Bixbyボタンを押すことで起動するアプリや機能を設定する。

アプリの設定が終われば、これまで使い道のなかったBixbyボタンを押すことでアプリを起動することができたり、カメラを起動できたり、様々な使い道ができる。

画像は「Galaxy S10」が手元に届けば日本語バージョンに差し替える予定。

 

[via SamMobile , SamMobile , Softpedia]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう