Xiaomiの新型フラッグシップモデル「Mi9」に関する情報が少しずつ出てきており、今年も様々な魅力的な機能が搭載される可能性が高い。標準モデルの「Mi8」は背面に指紋認証センサーが搭載されていたが、上位モデルはディスプレイ内指紋認証を搭載していた。そのため、「Mi9」では全てのモデルがディスプレイ内指紋認証センサーを搭載する可能性が高く、以前の情報によると「Mi9」ではディスプレイ内指紋認証の認証範囲が拡大されると言われている。

いくつかの新機能の搭載が期待されている「Mi9」だが、XiaomiのCEOによって約束されている魅力的な機能の1つは急速充電だ。既に「Mi8」も急速充電技術自体はサポートしているが、「Mi9」では更に高速な急速充電技術をサポートすることを明言しており、最新の3C認証のリークによって「Mi9」がサポートする急速充電のワット数が判明したかもしれない。3C認証は(China Compulsory Certificate System)の略で中国で行われる製品認証のこと。中国で販売される新製品の多くはこの認証から様々な情報が明らかにされる。

Xiaomiの新型スマホ「Mi9」は27Wの急速充電をサポートか

3C認証のリストに記載されている情報によると「Mi9」がサポートする急速充電技術の最大ワット数は27Wになるようだ。リストには直接的に「Mi9」とは記載されていないが、MyDriversによると「Mi8」のモデル番号がM1803E1T/Aであったたね、今回のM1902F1T/Aというモデル番号は「Mi9」のものだと関連付けることができると推測している。

Xiaomiの新型スマホ「Mi9」は「Snapdragon855」を搭載することはほぼ間違いないが、5G通信に対応するかと言われるとその可能性は低いと考えている。Xiaomiは「Mi Mix3」の5G対応モデルをMWC2019で発表する可能性が高い。Xiaomiの「Mi」シリーズが優れたパフォーマンスを安く販売することで人気を確立した事や、「Mi Mix3」の5Gモデルと「Mi9」を明確に差別化するためにも「Mi9」が5Gに対応する可能性は低いだろう。

また、Xiaomiの「Mi9」はカメラ品質が向上することが期待されており、48MP画素のセンサーを搭載する可能性がある。センサーにはソニーの「IMX586」が使用される予定とのこと。

Samsungの「Galaxy S10」等と比べるとまだまだ情報の少ない「Mi9」だが、昨年と同じように世界中の多くの市場で期待されている新型スマホだ。今後徐々に情報が明らかにされていくと思われるので、最新の情報に期待したい。

 

[via MyDrivers , wccftech]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう