Samsungの新型スマホ「Galaxy S10」シリーズは、「Infinity-O」と呼ばれる特徴的なディスプレイを使用している。

「Infinity-O」ディスプレイはパンチホール型ディスプレイとして知られており、ディスプレイ右上に穴が開けられ、その穴の部分にカメラを配置しているという特徴を持っている。

このディスプレイ技術を実現することによって、これまでカメラを配置するためにどうしても必要だったベゼル幅をなくすことができ、より全面ディスプレイに近づくことができる。

しかし、「Galaxy S10」シリーズを含むパンチホール型ディスプレイのデザインが嫌いな人も多い。そして、この新しい技術に対応しきれていないアプリは恐らく多い。そういったアプリを起動した場合、本来のデザインとは異なる形でアプリが表示される場合も十分考えられる。そういった場合の応急的な処置としてSamsungが「Glaxy S10」シリーズのフロントカメラを隠す、目立たなくするオプションを公式に用意している。

「Galaxy S10」のフロントカメラカメラを目立たなくする方法

Samsungの「Galaxy S10」シリーズのフロントカメラのデザインが好きになれない人は以下のオプションを有効にすることで、好きになれるかもしれない。また、もう1つ重要な点として、パンチホール型ディスプレイはまだまだ新しい技術。アプリ側がこの表示に対応していない場合も十分考えられる。そのため、明らかに使用感に影響が出る表示の崩れ等が確認できる場合も、以下のやり方を試すことで、通常のスマホのように表示させることができるため、極端な表示の崩れを回避することができるかもしれない。

「Galaxy S10」のフロントカメラを隠すための方法は以下の通り。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「Display」メニューの「Full screen apps」を開く
  3. 「Hide front camera」をオンにする

※日本語表記については後日追記予定

「Galaxy S10+」でこのオプションをオンにした場合と通常時の比較が以下の通り。

Galaxy S10+ (デフォルト)

Galaxy S10+ (隠した場合)

 

ご覧のように、「Galaxy S10」のフロントカメラを隠すためのオプションをオンにするとどうしても上部のベゼル幅はかなり太くなってしまう。そのためパンチホール型ディスプレイのデザインが嫌い。という場合、根本的な解決には至らない可能性が高いが、アプリの表示が崩れる場合等、アプリが対応するまでの応急的な処置としては有用なオプションだと思われる。

「Galaxy S10」シリーズを含む、パンチホール型ディスプレイは新しい技術なだけに、アプリ側が最適化しきれていない問題は多く報告されるのではないかと思われる。そういった場合に、上記のオプションを活用してもらえればと思う。

 

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう