Samsungの新型ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が「UNPACKED」イベントで発表されている。

「Galaxy Buds」は左右のイヤホンが独立した、所謂完全ワイヤレスイヤホンでSamsungの「Gear IconX」の後継モデル。

Samsungはこれまで様々なウェアラブル端末やアクセサリーに「Gear ◯◯」と名付けていたが、昨年よりこれを廃止し、殆どのアクセサリーを「Galaxy ◯◯」とリブランドしている。「Galaxy Buds」もリブランドを果たしたデバイスの1つ。

こう言うと名前が変わっただけ?と思われがちだが、様々な点で改善されている。以下「Galaxy Buds」の特徴を簡単に紹介したいと思う。

「Galaxy Buds」の特徴やバッテリーの持続時間について

Samsungは以前よりAKGと密に連携をとっており、「Galaxy Buds」もAKGチューニングが施されたオーディが搭載されている。これはこれまでの「IconX」には無かったもので、これまでよりも優れた音質や音の厚みを体験することができるだろう。

また、「Galaxy Buds」の大きな改善点は明らかにバッテリー容量だ。「Galaxy Buds」本体には58mAhのバッテリー容量が搭載されている。

「Galaxy Buds」はワイヤレスチャージャー機能を持ったケースなしで、1度の充電で最大6時間使用し続ける事ができる。

これに「Galaxy Buds」を収納するワイヤレスチャージャー機能を持つケースと一緒に持ち運ぶことで最大13時間までバッテリーの持続時間が得られる。つまり、「Galaxy Buds」のケースを1度充電すると「Galaxy Buds」に最大7時間のバッテリー寿命を与えることができる。

また、こういう場面もあるだろう。「あっ!今日Galaxy Buds充電するの忘れてたよー…。」とか「Galaxy Budsケースに入れるの忘れてた!」そういうときでも、「Galaxy Buds」をたった15分間でいいからケースに入れて充電をすると、最大1.7時間のバッテリー寿命を「Galaxy Buds」に供給することができる。

人によって異なると思うが、通勤通学は恐らく1.7時間未満の人がほとんどだろう。目的地に付いたら「Galaxy Buds」をケースに入れて充電させておけば帰りも問題なく快適にイヤホンを使用することができる。

「Galaxy Buds」の充電ケースはワイヤレス充電にも対応しているため、「Galaxy S10」シリーズより実装されたリバースワイヤレス充電機能「PowerShare」を使えば「Galaxy Buds」のケースに充電がなくても「Galaxy S10」からバッテリーを充電することができる。

「Galaxy Buds」はアンビエントサウンド機能やSamsungのAIアシスタント「Bixby」をサポートしている。これは「IconX」でもサポートされていた機能だ。

またここで聞き慣れない言葉。アンビエントサウンド機能って何?って人いると思う。その内の1人が僕。調べてわかった。この機能凄い。

「Galaxy Buds」がサポートしているアンビエントサウンド機能はSamsung独自の機能ではなく、いくつかの完全ワイヤレスイヤホンは既にサポートしている機能で、音楽再生中に周囲の音を聞くことができるという。

この機能は「Galaxy Buds」に搭載されているマイクが周囲の音を聞き取りやすくしてくれるという。これによって、音楽の世界に入り込んでいても自分の周りで何が起こっているかを把握することができる。ただし、このアンビエントサウンド機能はAndroidスマホでのみ使用可能で、iOS機では使用することができないという。

とはいえ、「Galax Buds」は基本的にAndroid・iOS問わず利用可能で、iOSユーザーは「Galaxy Buds」に接続してVoice CommandやAppleのAIアシスタント「Siri」を使うことができる。

「Galaxy Buds」はIPX2耐水性に準拠しているが、これは特別防水性能に優れているわけではない。基本的に水には気をつけ、もし濡れたら乾燥させるように心がけたい。運動時の汗やちょっとした水しぶき程度であれば問題ないはずだ。

「Galaxy Buds」に用意されているカラーリングと販売価格について

「Galaxy Buds」には「ブラック」「ホワイト」「ネオンイエロー」の3色が用意されており、一部市場では「Galaxy S10」若しくは「Galaxy S10+」を予約購入することで無料でもらうことができる。

「Galaxy Buds」単体を購入すると少なくとも149.99ドルかかるようだ。これは日本円で約16,000円程で、完全ワイヤレスイヤホンの部類でも「Galaxy Buds」は結構高め。

「Galaxy S10」シリーズが3月8日から発売なので、以降は通販などでも購入することができるのではないだろうか。

 

実際の使用感や使い方については後日レビューしたいと思う。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする