2018年に発売されたフラッグシップモデルの多くはリアカメラがデュアルカメラが当たり前に搭載されるようになり、一部モデルは既にトリプルカメラを実現しているモデルもある。Huaweiの「P20 Pro」や「Mate20 Pro」はトリプルカメラを搭載し、優れたカメラ品質を実現することに成功している。単に個数が多ければ多いほど品質が優れているというわけではないが、実際にカメラの個数が多ければそれだけ多くの事を実現できる。2019年に発売されるフラッグシップモデルは昨年のデュアルカメラからトリプルカメラへと移行する可能性があるが、ITHomeからの情報によるとXiaomiが今年発売するスマホがトリプルカメラを搭載する可能性があることを示唆している。

ITHomeからの情報によると、Xiaomiが2019年に発売するスマホは複数あるがフラッグシップモデルの1つ「Xiaomi Mi8」の後継機に当たる「Xiaomi Mi9」(仮称)と「Xiaomi Mi Mix4」がトリプルカメラを搭載するモデルになると伝えている。「Xiaomi Mi Mix4」にはペリスコープレンズが搭載されるかもしれないとも伝えている。

「Xiaomi Mi9」と「Xiaomi Mi Mix4」は2019年に発売されるXiaomiのフラッグシップモデルになると思われるため、これらのモデルが搭載するチップセットはクアルコムの7nmプロセスを採用した「Snapdragon855」が搭載される可能性が高い。また、「Xiaomi Mi9」と「Xiaomi Mi Mix4」はどちらも5G通信に対応する可能性がある。興味深い話として、「Xiaomi Mi Mix4」が折りたたみディスプレイを持っているかもしれないという噂があるが、これは完全に噂の段階。まだ信じるには早すぎるだろう。

まだまだ初期の噂であるため今後明らかになる情報でこれらのスマホの特徴は異なるものとなる可能性がある。Xiaomiが2018年に発売したスマホは多くの市場で人気を博しており、今回の情報によるとXiaomiは2019年もまた多くのアクションを起こす年となりそうだ。Xiaomiがトリプルカメラを搭載したモデルを開発することで既に販売されているHuaweiの「Mate20 Pro」等にどこまで迫れるのか興味深い。

[source itHome] 
[via TechRadar]

Wonder-Xの最新情報をチェックする