source:Phone Arena

Samsungは現在「Galaxy S9」と「Galaxy Note9」向けに「Android 9.0 Pie」+「One UI」で動作するソフトウェアのベータプログラムを実施しており、先日ついに安定版として一部地域で「Galaxy S9」シリーズ向けに「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースしている。一部不具合等も報告されているがまだまだ初期段階のリリースになるため今後の対応に期待したいところではある。

Galaxyデバイスは「Android 9.0 Pie」へのメジャーアップデートを受け取るだけでなく、Samsungが以前発表した新しいUI「One UI」も含まれている。「One UI」は昨今のディスプレイ拡大化の流れによって犠牲にされていた片手での操作性を重視したと言われている新しいインターフェイスだ。「One UI」で動作するデバイスをまだ触っていないため実際の操作性やパフォーマンス等についてはここでは触れないが、「One UI」には特徴的な機能が搭載されている。それはメモリとストレージを自動的に開放するというもの。

メモリとストレージを再起動するという機能自体は既に「Android OS」で実装されている機能だが、ユーザーが自分のスマホのメモリとストレージを常に意識して積極的にメモリ解放等を行うのはあまり現実的ではない。しかし、この状態が続くと自然とパフォーマンスは落ちてきてしまうため、Samsungはこの問題を解決するために自動でメモリとストレージを開放する機能を実装している。

自動最適化(Auto optimisation)は、既に実装されている自動再起動機能の延長におような機能で、この機能を有効にするとバックグラウンドで待機状態のアプリが保持し続けているメモリを消去し、毎日設定した時間にストレージを解放するというものだ。自動最適化機能では、最近使用したアプリはメモリに保持された状態のままになり、しばらく使用していないアプリのメモリのみ解放されるという特徴を持っている。ストレージの解放はキャッシュや広告ファイルなどのユーザーにとって必要のない不要なファイルを削除するだけなので、写真や連絡先などの個人データは削除されない。

Galaxyスマホの「One UI」に搭載されている自動最適化機能の使い方と設定方法

「One UI」に実装されている自動最適化機能を使うためには、まず設定アプリを起動する。設定アプリを起動すると少し下にスクロールすると「Device Care」という項目がある。この「Device Care」をタップすると画面が遷移するが、ここで右上に表示されている3点ドット「︙←こんなの」を押し、「自動最適化(Auto optimisation)」をタップする。その後最適化を行う時間等を設定すれば完了だ。最適化予定の時間にデバイスを使用している場合は最適化は行われない。そのため最適化を行うための時間はスマホを使用しない時間帯にすることをおすすめする。

現時点で手元に「Android 9.0 Pie」+「One UI」の組み合わせで実行できるデバイスが無いため、「Galaxy S10」が発表され購入でき次第日本語の設定画面に切り替えたいと思う。

[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう