2018年に発売された優れたスマホの1つにGoogleの「Pixel 3/3XL」があるが、このスマホ公式発表前に多くのことがわかりすぎていたことでも話題になった。現在日本でも取り扱われている「Pixel 3」シリーズは2モデルあり、標準モデルの「Pixel 3」とよりディスプレイが大きな「Pixel 3XL」が存在する。しかし、これまでの情報からGoogleは「Pixel 3」シリーズにもう1モデル(厳密には2)追加する予定であることが明らかになっている。

新しく投入されるモデルは「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3XL Lite」と呼ばれる可能性が高く、”Lite”と付くことからも他のモデルと比較してスペック面やいくつかの機能を削ぎ落とすことによってコストを重視したモデルになると言われている。既に多くの情報が明らかにされており、実機画像詳細なレンダリング画像なども判明している。販売価格についても400~500ドル程になるだろうと言われていたが、これまで「Pixel 3 Lite」シリーズはいつ発表されるのかについては不明なままだった。しかし、最新の情報で発売時期が明らかにされている。

「Pixel 3 Lite」「Pixel 3XL Lite」は2019年春に米キャリア「Verizon」より発売か

現時点でGoogleから公式に明らかにされていない「Pixel 3 Lite」シリーズだが、Android Policeが情報元から聞いた情報によると、これまでのリークなどから判明していたとおり「Pixel 3 Lite」シリーズには2モデル存在するという。これは上記の通り「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3XL Lite」と考えてよいだろう。Liteモデルとなるため、これらのモデルは通常の「Pixel 3/3XL」のようなフラッグシップモデルではなく、ミドルレンジモデルに位置づけられる可能性が極めて高いため、搭載されるチップセットも「Snapdragon845」が使用される可能性はほぼありえない。「Pixel 3 Lite」シリーズが搭載するチップセットはこれまでの情報によると「Snapdragon670」か「Snapdragon710」になると言われている。その他のスペックは「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3XL Lite」でやや異なる可能性があるが、メモリ4GBのストレージ32GBになるようだ。興味深いことに通常モデルの「Pixel 3/3XL」ではイヤホンジャックが廃止されているが、このミドルレンジモデルに位置づけられる「Pixel 3 Lite」シリーズはレンダリング画像などからもイヤホンジャックが搭載されている可能性が高い。

さて、「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3XL Lite」がいつ発売されるかという話だが、情報によるとGoogleは2019年発頃に米国通信キャリア「Verizon」からこの2つのスマホを発売する予定だという。情報では「Verizon」より発売される予定であるとしか伝えていないため、その他のキャリアが取り扱うのか、SIMフリーモデルが存在するのかについては分かっていない。詳細は不明ながら「Verizon」からの独占販売になる可能性も考えられる。

米国ではフラッグシップモデルと全くわからない、寧ろそれ以上のパフォーマンスを実現しているのに価格はミドルレンジモデル並というOnePlusのスマホがキャリアより販売されるようになって大人気となっているが、ここにミドルレンジモデルの「Pixel 3 Lite」シリーズが参入する余地があるのか不安な部分もある。実際に米国のユーザーがどのような判断をするのか興味深いところだが、Googleからの正式な発表を待ちたい。

[source Android Police] 
[via wccftech]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう