source:91mobiles

Googleの最新のスマホは「Pixel 3」と呼ばれ、より大きなディスプレイを持つ「Pixel 3XL」の2モデル展開で、日本でも発売されている。

しかし、「Pixel 3」シリーズにはもう1モデル存在することが確認されており、もう1つのモデルはコストパフォーマンスを重視したモデルになり、これまでの情報から「Pixel 3 Lite」と呼ばれる可能性が高いことが確認されている。

通常の「Pixel 3と「Pixel 3XL」にはクアルコムの「Snapdragon845」が搭載されているが、「Pixel 3 Lite」モデルには「Snapdragon670」が搭載される可能性が高い。

既に実機画像が公開されているこのモデルだが、現在詳細なレンダリング画像がOnLeaksによって公開されている。

前回の実機画像と今回のCADデータに基づくレンダリング画像が明らかになったことで、「Pixel 3 Lite」のデザインは確定したと考えてよいだろう。

「Pixel 3 Lite」の詳細なレンダリング画像について

「Pixel 3 Lite」モデルには、通常の2モデル展開と同じように「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 Lite XL」の2モデル存在することが明らかになっており、今回それぞれのスマホが持つ特徴やデザインなどが明らかになっている。

2つの「Pixel 3 Lite」シリーズには4GBのメモリが搭載されており、ストレージは32GBになる可能性があるという。(64GBモデルも存在する可能性高い)

また、カメラはどちらのモデルもシングル構成になると言われており、フロントカメラが8MP、リアカメラが12MPになるようだ。

ストレージが32GBと最近のスマホと比較するとかなり小さめだが、拡張のmicroSDカードもsパオーとしないことから、Googleはかなり振り切ったなという印象。

また、興味深いことに通常の「Pixel 3」シリーズはイヤホンジャックを搭載していないが、「Lite」シリーズにはイヤホンジャックが搭載されているのが特徴的。

搭載OSはどちらも「Android 9.0 Pie」。

「Pixel 3 Lite」のデザイン

「Pixel 3 Lite」は5.5インチのディスプレイを搭載しており、通常の「Pixel 3」と同じサイズ。

「Pixel 3 Lite」はアスペクト比が18.5:9になり、解像度はHD+(2220×1080)。

このモデルにはバッテリー容量が2915mAhになる模様。

「Pixel 3 Lite XL」のデザイン

「Pixedl 3 Lite XL」は6.3インチのディスプレイを搭載しており、通常の「Pixel 3XL」と同じサイズ。

基本的に2つのモデルは「Snapdragon670」を搭載するのではないかと言われているが、幾つかの報告では「Pixel 3 Lite XL」は「Snapdragon710」を搭載するのではないかという情報もあるため、これは今後の情報を待つ必要がある。

通常の「Pixel 3」と「Pixel 3XL」が基本的なスペックを共有していることから、個人的には前者なのかなと予想している。

Googleのコスパに優れた「Pixel 3 Lite」シリーズは1月に発表が期待されている。

[source 91mobiles] 
[via Android Police]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう