Samsungの新しいスマートウォッチ「Galaxy Watch」に超音波による指紋認証センサーが搭載される可能性

Samsungはこれまでに発売していたスマートウォッチの名称を「Gear S◯」と名付けており、このナンバリングは「Gear S3」まで使用された。

そして2018年に発売されたSamsungの新しいスマートウォッチは「Galaxy Watch」へとリブランドを遂げている。

まあ、実際問題「Galaxy Watch」へとリブランドされたことで、「Gear S3」から大幅な変更が行われるメジャーアップデートだったかと言われると、恐らくそうではないが、Samsungが恐らく2019年に発売する「Galaxy Watch2」(仮称)はメジャーアップデートが行われるかもしれない。

具体的に期待できる大きな変更として、ディスプレイ内指紋認証がある。

「Galaxy Watch2」には指紋認証センサーが搭載? – しかもディスプレイ内

ディスプレイ内指紋認証というと、2018年に発売された幾つかのスマホに搭載され始めた新しい技術で、Samsungの新しいフラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズにもディスプレイ内指紋認証は搭載が期待されている。

「Galaxy S10」に関してはもはや搭載は確実といったところだが、Samsungが開発していると思われるスマートウォッチ「Galaxy Watch2」にもこの技術が使用されるかもしれない。

というのも、現在Samsungがスマートウォッチに使用するためのディスプレイ内指紋認証センサーに関する特許を取得しているのだ。

Samsungが取得したこの特許技術は「Force Touch」と呼ばれ、圧力感知みたいな意味合いで捉えて良いのではないだろうか。

このスマートウォッチで使用することのできる指紋認証は様々なパネルで使用可能のようで、液晶(LCD)パネルや、OLEDパネル等の多くのパネルで使用することができる。

また、指紋の形状を検知するためのタッチセンサーには容量性タッチパネルや感圧タッチパネル、抵抗性タッチパネルに赤外線タッチパネルを含めることができ、また興味深いことに超音波タッチパネルを含めることもできるという。

「Galaxy S10」の上位モデルで搭載が期待されている超音波による指紋認証センサーがSamsungの次期「Galaxy Watch」にも搭載されるかもしれないというのだ。

実際のところ使用するのかどうかと言われればよくわからないが、単純に興味という点で僕はこの機能が搭載されているのであれば触ってみたい。

Samsungがスマートウォッチにも使用できる指紋認証センサーに関する特許を取得していることは間違いないが、次の「Galaxy Watch」で搭載されるのかと言われると、現時点では不明

個人的に搭載されれば嬉しいなあ、という気持ちを持ちながら書いている。

他のどのメーカーの技術でも同じだ。今後の動向に期待したい。

[via SamMobile]