source:Phone Arena

Samsungのフラッグシップモデル「Galaxy S10」に関する情報は既に多く明らかにされており、現行「Galaxy S9」と比較して多くの点が更に進歩すると言われている。

新しいディスプレイ技術「Infinity-O」の採用や、フラッグシップモデルで初めてのトリプルカメラ搭載、そして超音波センサーによるディスプレイ内指紋認証機能の搭載などが期待されている。

既に「Galaxy S10+」の詳細なレンダリング画像がOnLeaksによって公開されているが、このレンダリング画像によれば「Galaxy S10+」のリアカメラはクアッドカメラ(4つ)になることが示されていた。

しかし、クアッドカメラを搭載するのは「Galaxy S10」の5G通信に対応する特別モデルだけであるという話もあり、現時点で2つの説が混在しているという状況だ。

Phone Arenaからの最新の情報によると「Galaxy S10+」に搭載されるリアカメラの数はトリプルカメラになり、標準モデルの「Galaxy S10」と同じになると伝えている。

「Galaxy S10+」のカメラ個数に関する情報

「Galaxy S10+」に搭載されるカメラの個数は3つになるという最新情報が入ってきている。

標準モデルの「Galaxy S10」についてもリアカメラはトリプルカメラ構成になることが同メディアによって伝えられている。

しかしフロントカメラについては「Galaxy S10」が1つ、「Galaxy S10+」が2つになるという。

実際問題トリプルカメラでも光学ズームやライブフォーカス、超広角レンズ等の新しい機能を搭載することができるため、十分すぎる性能の向上は見込める。

Phone Arenaからの今回の情報に則るのであればクアッドカメラを搭載するモデルは恐らく「Galaxy S10」の5Gに対応する特別モデルのみになりそうだ。

また、一時「Galaxy S10」はイヤホンジャックを廃止するのではないかとも言われていたが、多くのメディア同様Phone Arenaもイヤホンジャックは全てのモデルに引き続き搭載されるとの見方のようだ。

とは言え、今回の情報も大手メディアからの最新レポートというだけで、どれも公式情報ではない。

どのメディアもこれまでに明らかになっているレンダリング画像や様々なリークに基づいて話しているため、実際にSamsungが発表するものとはやや異なる可能性がある。

そのためいつものように参考程度に留めておくことをオススメする。

今月に入って「Galaxy S10」に関する情報は加速的に増えており、今後フェイクなども増えてくると思われるため、当サイトも情報は慎重に取り扱う予定だ。

新しい情報が分かり次第直ぐにお伝えしたいと思う。

[source Phone Arena] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう