クアッドカメラを搭載した「Galaxy A9」(2018)向けにカメラ性能を向上させるアップデートをリリース

Samsungはミドルレンジモデル「Galaxy A9」に同社初となるクアッドカメラ(4つ)を搭載したモデル向けに最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

「Galaxy A9」(2018)に搭載されているクアッドカメラは総数ではなく、リアカメラだけで、4つ搭載されている。

カメラ性能が他のスマホと比較して大変優れていると言われる「Galaxy A9」(2018)は現在Samsungによって新しいアップデートを受け取っており、このアップデートで更にカメラ性能が向上するようだ。

「Galaxy A9」(2018)向けにリリースされた最新のソフトウェアアップデートの内容

Samsungがリリースした「Galaxy A9」(2018)向けの最新のアップデートのビルド番号はA920FXXU1ARKKとなっており、主にカメラのパフォーマンスを向上させる内容が含まれている。

また、セキュリティパッチの更新も含まれているが、残念ながら2018年12月のものではなく、1つ前の2018年11月のAndroidセキュリティパッチが含まれている

アップデートの容量は約132MBとそこそこ大きいようだ。

いつものようにアップデートはOTA経由で展開されるため、「Galaxy A9」(2018)を所持している多くのユーザーに届けられるには数日から数週間かかることがある。

実際にどのような性能の変化が見られるのかについては分からないため、もしWonder-Xの読者で所持している方がいれば、変化について教えていただけないだろうか。

[via Android Soul]